やなせたかしのあんぱんまん1973<br> あんぱんまんとごりらまん (新装版)

個数:
電子版価格 ¥1,397
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

やなせたかしのあんぱんまん1973
あんぱんまんとごりらまん (新装版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月20日 00時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 28p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784577050231
  • NDC分類 E
  • Cコード C8771

出版社内容情報

『あんぱんまんとごりらまん』
穴に落ちた子象のジャンボを助け、顔をあげたあんぱんまん。ジャンボをお母さんのところへ連れていく途中で、力が出なくなってしまいます。そこへ、森の中から恐ろしいごりらまんが現れ、襲いかかってきます…!
ーーー
アンパンマンが初めて絵本で登場したのは1973年、月刊「キンダーおはなしえほん」10月号でした。
その後、多くの絵本が生まれ、世界を広げていきます。
絵本『あんぱんまん』誕生50周年を記念し、未来に向けて長く読み続けていただけるよう、アンパンマンの原点となる絵本たちが新しくよみがえります。

内容説明

2023年絵本『あんぱんまん』誕生50周年記念。アンパンマンの原点がここにある!やなせたかしが描く、初期のアンパンマン絵本が時代を超えて、装い新たに登場!

著者等紹介

やなせたかし[ヤナセタカシ]
1919年2月6日生まれ。高知県出身。終戦後、高知新聞社に入社。1947年(28歳)高知新聞社を退社し、上京。三越百貨店宣伝部に入社。1953年(34歳)三越百貨店を退社し、フリーとなる。漫画、ラジオコントの脚本、テレビ番組の構成、映画雑誌での批評など、様々な分野での仕事を手がける。1961年(42歳)「手のひらを太陽に」を作詞(作曲/いずみたく)。1973年(54歳)責任編集の雑誌「詩とメルヘン」(サンリオ)創刊。月刊「キンダーおはなしえほん」(フレーベル館)で『あんぱんまん』を出版。1988年(69歳)テレビアニメ『それいけ!アンパンマン』放送開始。1996年(77歳)香美市立(当時は香北町立)やなせたかし記念館。アンパンマンミュージアム開館。2009年(90歳)『それいけ!アンパンマン』が最もキャラクター数の多いアニメとしてギネス世界記録に認定。2013年(94歳)永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

M78に行きたい雨巫女。

11
《本屋》アンパンマン、あんなにお顔食べられたら、誰かわからないよ。最後よく飛べたね。2022/03/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19230793

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。