マッチうりのしょうじょ―アンデルセン童話より

個数:
  • 動画あり

マッチうりのしょうじょ―アンデルセン童話より

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月17日 06時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/高さ 28cm
  • 商品コード 9784577046814
  • NDC分類 E
  • Cコード C8771

出版社内容情報

読み聞かせ動画


雪のふる大晦日の夜。はだしでマッチを売り歩く女の子に、マッチの火が見せた幸福なまぼろしのお話。

著者等紹介

やなぎやけいこ[ヤナギヤケイコ]
東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部を経て、ブエノスアイレスのサルバドール大学に留学。1981年、『はるかなる黄金帝国』(旺文社)で第28回産経児童出版文化賞大賞受賞

町田尚子[マチダナオコ]
東京都生まれ。武蔵野美術大学短期大学部卒業。2017年、『ネコヅメのよる』(WAVE出版)で第27回けんぶち絵本の里大賞びばからす賞受賞

西本鶏介[ニシモトケイスケ]
奈良県生まれ。昭和女子大学名誉教授。児童文学や児童文化に対する評論、作家・作品論、民話の研究、創作など幅広く活躍。絵本や民話の再話も多い。また坪田譲治文学賞などの選考委員もつとめる。著書は各ジャンルにわたって600冊を超える。著書に「西本鶏介児童文学論コレクション(全3巻)」(第36回巌谷小波文芸賞特別賞受賞/ポプラ社)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちえ

41
町田さんの絵はやはり目が印象的だ。このお話のイメージをふくらませる豊かな表現力。少女の凍える足先と指先。マッチをすると浮かび上がるもの。よりそう黒猫、白木さんもいるんだね…。(…アンデルセンの頭に浮かんだのは母の幼い姿でした。彼の母は私生児として生まれ、物ごい同然の生活を送り、寒い冬の日、はだしで家の戸口をさまよい歩いたといいます。母から折に触れてその当時の話を聞かされていたアンデルセンは、この物語のマッチ売りの少女に母の子供時代をだぶらせたのです)後書き。2020/04/11

chiaki

35
儚くて、悲しくも美しい、何度読んでも涙ぐんでしまうアンゼルセンの名作『マッチ売りの少女』が町田尚子さんの絵で!!!!!表紙の少女の瞳に吸い寄せられるように手に取りました。漆黒の背景に浮かぶ大晦日のごちそうが悲しい。大好きなおばあさんに抱かれる懐かしい温もり、もうダメです〰️泣 裏表紙に町田さんらしくネコが描かれていて、最後は少しほっこりしました。児童文学者・西本鶏介さんの解説も素晴らしいです。『ひきだしのなかの名作』シリーズ、他にも読んでみたい。2020/11/06

陽子

33
表紙の絵に引き込まれた。マッチ売りの女の子の表情がとても魅力的だった。マッチをすってもすぐに消えてしまった一本目の悔しいような、切ないような顔。ページ一杯にアップされた表情の瞳の美しさ。街角の夜の風景も美しい。絵によって同じお話でもいろんな雰囲気になるなあと思った。町田尚子の絵はやはり印象に残る。2019/10/31

たまきら

27
この名作への子どもの受け取り方はすごく興味深いです。生への執着が薄かった幼少時、死ぬことへの憧れを自分は感じたものですが、娘は靴がないといった物質的な欠乏への感想を口にしていました。あと、白木見っけ!とか、「あ…猫は助かったんだ」とか。2019/01/08

ヒラP@ehon.gohon

24
先にクヴィエタ・パツォウスカーの絵を見たせいか、真逆に位置するような町田尚子さんの絵に引き込まれてしまいました。 アンデルセンの物語を抄訳して、町田さんの絵に物語を任せたような絵本です。 顔を見せないおばあさん、少女の瞳に映った星空、建物やツリーや、思わせ振りに充ちたディテールと、町田さんの怪談絵本を思わせる少女の空虚感、ここまで贅沢に読者の心を揺さぶる絵本はあまりお目にかからないように思いました。2019/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13292485

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。