フレーベル館ジュニア・ノンフィクション<br> 患者さんが教えてくれた―水俣病と原田正純先生

個数:

フレーベル館ジュニア・ノンフィクション
患者さんが教えてくれた―水俣病と原田正純先生

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年07月20日 14時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 135p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784577041536
  • NDC分類 K493
  • Cコード C8395

内容説明

「水俣病」という公害病に、一生をかけて向きあったお医者さん、原田正純先生。「医者なのに、患者さんを治してあげられない…」原田先生は、ずっと悩み、考えつづけました。そして、「治らない病気だからこそ、やるべきことがたくさんあるんだ」そう、気づくのです。いつも笑顔で、患者さんに寄りそいつづけた原田先生の物語がはじまります。

目次

1 ネコが消えた
2 医者は来るな
3 教科書とちがう?
4 早く証明しないと
5 バンザイはできない
6 さわぎを起こすな
7 宝子
8 先生は名誉首長
9 ぜったいに終わらない
10 死ぬまではだいじょうぶ

著者等紹介

外尾誠[ホカオマコト]
1971年、長崎市生まれ。九州大学法学部卒。1999年に朝日新聞記者となり、人吉支局(熊本県)や西部本社社会部、東京本社国際報道グループなどで勤務。水俣病公式確認50年の2006年から水俣病問題に取り組む。川辺川ダム建設計画や地球温暖化など、環境問題に関心を持ち、取材を続ける。現在は筑豊支局(福岡県)勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。