パパ、おばけがいるよ。

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 24X30cm
  • 商品コード 9784577038116
  • NDC分類 E
  • Cコード C8771

内容説明

ヨアヒムはちょっぴりこわがりやさん。ベッドのしたや、へやのなかでおとがすると、おばけがいるよ!とパパをよびます。パパはすぐにきてくれるけど…。

著者等紹介

ヘネヒテン,ヒド・ファン[ヘネヒテン,ヒドファン][Genechten,Guido van]
1959年、ベルギー生まれ。ハッセルトの美術学校で、絵、グラフィックアート、写真を学ぶ。著書に、『わらって!リッキ』(ハッセルト市の国際絵本賞を受賞)など。ヨーロッパ各国でも大人気の絵本作家

野坂悦子[ノザカエツコ]
1959年、東京生まれ。早稲田大学第一文学部英文学科卒業。1985年から1990年までオランダ、フランスに滞在。現在、オランダ語を中心に子どもの本の翻訳を手がけている。2001年より、「紙芝居文化の会」運営委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くぅ

29
これは可愛い!息子とクスクスしながら見てました。息子もちゃんと「いないよ!」と言ってるのがまた可愛かった。(4歳3ヶ月)2021/08/22

小夜風

22
【図書館】ヨアヒムはちょっぴり怖がりやさん。寝ようとするとベッドが軋んだり、風やエアコンの音…その度に「パパ、おばけがいるよ」とパパを呼びます。可愛い♪てかこれ、カラスじゃなくてペンギンなんだ(笑)。お部屋にアンパンマンのぬいぐるみが!2014/11/08

けんちゃん

16
読友さんのご紹介本。表紙を見て、カラスの親子のお話かと思ったら、ペンギンだっだみたい。「おやすみなさいフランシス」と思わせる展開です。子どもの気持ちがよく伝わってきます。パパの忍耐力、見習わなくては…(^^)2011/08/21

遠い日

14
夜の物音の気味悪さに、いちいちパパを呼び立てるヨアヒム。このパパのえらいところは、きちんとそれにつきあってあげること。不安が解消するまできちんと向き合ってあげること。「おばけはいない」と言い切ることで、子どもの心はだんだん落着きを取り戻す。ひとりで眠れるようになるまで、子どもはこういう心の経験をするのだなぁ。2016/06/20

えり

13
私も小学校高学年頃まで一人で寝るとき、もしかしたらおばけや誰かいるんじゃないか!?って怖がっていたことを思い出しました。多分誰しもある経験なんだと思います。あとがきに書いてあった通り、この絵本を寝る前に読み聞かせするのはグッドアイディア!安心してぐっすり眠れること間違いなし!2016/02/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/604968

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。