おはなしえほんシリーズ<br> ねこなんてだいきらい!

電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

おはなしえほんシリーズ
ねこなんてだいきらい!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 32p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784577035986
  • NDC分類 E
  • Cコード C8771

内容説明

ねこがきらいなおうさまは、あるひ、こんなめいれいをだしました。「くにじゅうのねこをすべておしろにさしだすこと。かくしたものにはばつをあたえる。」さて、おうさまは、いったいねこをどうするつもりでしょう?―。

著者等紹介

末崎茂樹[スエザキシゲキ]
大阪府に生まれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

る*る*る

22
3-1.3-2読み聞かせ。ねこ嫌いの王様。国じゅうのねこを追い出すなんて!どうなるとおもいます〜?(≧∇≦)不自然な事をするとやっぱり何処かでおかしくなるね★2015/02/25

どあら

17
図書館で借りて読了。表紙の王様がどうしてこんなにおこっているのかな?と思って手に取りました。(4分、3年生まで)2016/04/26

遠い日

16
猫が大嫌いな王さまのわがままなおふれと、ひどい仕打ち。突然登場する商人のすることで話の最後が見えたのが残念。どこか外国の寓話の匂いがして、それから無意識に連想したのかもしれません。猫もいなけりゃ、こまることだってあるんですよ、王さま。2016/04/17

たまきら

14
「ねこがきらい?なんでだろう?」生まれたときから猫がいるもの、オタマさんにわかるわけがありません。内容は中世の魔女狩りの頃、猫を根絶やしにしてペストで苦しんだ(ざまあみろ)ヨーロッパ史を思い起こさせます。うちの周囲は商店街の裏ということもあって素でねずみがうろついているので、野良猫が全く批判されません。時々ネズミを咥えて堂々と歩いているので、政治的アピールかと思うぐらい。オタマさん読後感想「こわされるからきらいなのかあ」う~む、そういえばなんできれいなんだろうね。2016/06/10

ゆきのひ

14
三男選書。王様は、大切な壺を迷い猫に壊され怒り心頭、国中の猫を捕まえるよう、命令を下す。捕まえた猫を旅の商人に売り払ったものの、猫がいないことで困ったことが起きる…。旅の商人は見通していたのか?面白い話でした。見返しに猫がいっぱい!可愛いです(*^^*)2016/02/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/279481

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。