大きな空の木

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 1冊(ペ/高さ 27cm
  • 商品コード 9784577027561
  • NDC分類 E
  • Cコード C8771

内容説明

空にむかってすくっとのびる大きな木。春夏秋冬、人々の思いを木にたくし、12の詩で綴ります。あなたは、あなただけの木をこころのなかにもっていますか?最後に加藤登紀子が作曲した譜が掲載されています。

著者等紹介

バテュ,エリック[バテュ,エリック][Battut,´Eric]
1968年、フランスに生まれる。リヨンの美術アカデミーで絵画を学ぶ。現在は、絵本の制作に携わり、つぎつぎ、魅力ある絵本を発表している

加藤登紀子[カトウトキコ]
1943年、ハルピンに生まれる。東京大学在学中、第2回日本アマチュアシャンソンコンクールで優勝、歌手デビュー。「赤い風船」で日本レコード大賞新人賞、「ひとり寝の子守唄」「知床旅情」で日本レコード大賞歌唱賞を受賞。以後、ヒット曲多数。2000年より、国連環境計画(UNEP)の親善大使に就任。最近のアルバムに『花筐~Hanagatami~』『沖縄情歌』がある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やすらぎ

154
あなたはどんな木が好きですか。あなただけの木を心の中に持っていますか。…空いっぱいに広がる木、つんと聳え立つ木、それぞれに迎える静かな朝、私たちと一緒に目を覚まします。高い木の上は気持ちがいいから、小鳥が寄ってきて歌を奏でてくれます。…大きな木を見上げると思い出す。百年前からいつもここにいたと、おじいちゃんが教えてくれたことを。耳を澄ますと、かすかに流れる音が聞こえてくる。ずっとそこに生きている大きなやさしさとぬくもり。幹に触れると懐かしさが蘇る。木の足もとで眠りに落ちる。時が止まる。私の幸せのひととき。2022/03/05

booklight

33
12編の詩と木の絵。自由に、心の赴くままに木を描いて詩を読む。主役は木でも詩でもなく、その情景。なるほど、加藤登紀子が詩を訳すわけだ。様々な心地よい想いが伝わってくる。2022/03/06

のえる

28
図書館絵本。読友さんのレビューで気になった絵本。 木と言えば、この木なんの木気になる木~見たこともない木ですから~と思わず口ずさみたくなる。小学生の頃に『この木なんの木』を合奏したことを思い出した。 本書では春夏秋冬、人々の想いが託された木の絵と詩で綴られている。見ていてほのぼのすると同時に、木それぞれに素晴らしい歴史、思い出が込められていることをしみじみと実感。素敵な絵本。2021/03/22

Cinejazz

18
天空を覆い隠すほどの<大きな木>・・・ 自然界の生きとし生けるものを育む大きな包容力を称え、絵本作家エリック・バテュの鮮やかな色彩画に、四季を織りなす12の詩篇を加藤登紀子さん翻訳による、心なごませる憩いのひと時への招待状です。2022/05/01

ochatomo

16
フランスの絵本 「めぐる月日に」の翌年出版 12の見開きの中に木と共に生きる暮らしの一場面をそれぞれ描く 訳は加藤登紀子さんで『人はすべての生命の先祖にはなれないのだ。木を切る時も、木を植える時も、そのことを忘れてはならない。』と巻末に書く 作曲もしており楽譜付 原題“Au pied de mon arbre”(私の木のふもとに) 元本1999年 2003刊2020/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/214248

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。