二見レインボー文庫<br> 子どもの泣くわけ

個数:
  • ポイントキャンペーン

二見レインボー文庫
子どもの泣くわけ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 04時58分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 237p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784576151168
  • NDC分類 379.9

内容説明

子どもが泣くと、なぜ親はつらくなり、一刻も早く泣きやませたくなるの?居ても立ってもいられなくなり、いつまで泣いているのと怒りがこみ上げてさえくるのはなぜ?そもそも、どうして子どもはあんなに泣くの?―本書にその答えがあります。子どもの「泣く力」は「生きる力」。何より大切な「上手に泣いて甘える力」をはぐくんで、幸せに子育てする方法。

目次

序章 「上手に泣いて甘える子ども」は育てやすい
第1章 子どもにとって「泣くこと」はこんなに大切
第2章 どうして、泣かれるとつらくなるんだろう?
第3章 泣きたいときに泣ける子どもは強く生きられる
第4章 赤ちゃんの「泣く力」を育てるヒント
第5章 子どもも親も「泣き上手」でしあわせに

著者紹介

阿部秀雄[アベヒデオ]
1937年、栃木県生まれ。癒しの子育てネットワーク代表。日本抱っこ法協会名誉会長。東京大学教育学部教育心理学科卒業。千葉県保育専門学院講師、つくも幼児教室長を歴任。「抱っこ法」による「癒しの子育て」が全国津々浦々に広まることをめざして活動している。また、癒しのワークショップ「天心」も行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

泣く力を伸ばせば幸せに育つ。「泣き止ませよう」とする前に親に知ってほしい大事なこと。子育てが驚くほど楽になる温かいヒント