双葉文庫<br> 台湾一周!安旨食堂の旅

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
台湾一周!安旨食堂の旅

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月10日 23時41分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 292p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784575714142
  • NDC分類 673.9

内容説明

「リーホゥ(こんにちほ)」「ホージャッ(おいしい)」―鉄道で台湾を気ままに一周!財布にもハートにもやさしい食堂や屋台で、食べたり飲んだり。旅人に親切な人々とのふれあいや街の匂いとともに、まだ日本では知られていない、各地の安旨グルメの魅力を伝える紀行エッセイガイド。番外編「台湾『大衆酒場』入門」やコラム「牡蠣オムレツ屋台一家の物語」など、読み物も充実。

目次

第1章 台北・基隆―外食率8割超!?大衆グルメ天国と港町
第2章 新竹・北埔―おなかも心も満たされる客家の人情食堂
第3章 鹿港・彰化・西螺・嘉義―庶民の生活感にふれる、中西部の旅
第4章 台南―出陣は夜明け前、台湾の「食都」を巡る
第5章 高雄―南部最大の都市で、街・人・食を味わう
第6章 台東・花蓮・宜蘭・礁渓温泉―祭りと民族と湯けむりの旅
番外編 台湾「大衆酒場」入門―わけあり女のほろ酔い紀行

著者紹介

光瀬憲子[ミツセノリコ]
1972年、神奈川県横浜市生まれ。英中日翻訳家、通訳者。米国ウエスタン・ワシントン大学卒業後、台北の英字新聞社チャイナニュース勤務。台湾人と結婚し、台北で7年、上海で2年暮らす。2004年に離婚、帰国。台湾とは無縁の生活を送っていたが、2007年に再訪し、魅力を再認識。以後、通訳や取材コーディネートの仕事で、台湾と日本を往復している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)