双葉文庫<br> 球団と喧嘩してクビになった野球選手

個数:
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
球団と喧嘩してクビになった野球選手

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 07時04分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 263p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784575714104
  • NDC分類 783.7

内容説明

谷繁元信をキレさせ、三浦大輔を運転手代わりに使って、小宮山悟を巴投げ、編成担当の名刺は丸めて投げ捨てる…こんな破天荒なプロ野球選手(現モツ鍋屋店主)、見たことない!ファンはもちろん多くのプロ野球関係者(球団フロント以外)から、今も愛される「不器用で真っすぐな男(小宮山悟氏談)」こと、中野渡進氏の波瀾万丈すぎる自伝!

目次

第1章 球団と喧嘩してクビになる―突然の戦力外通告
第2章 「24時間いつでも投げられます」―横浜ベイスターズ時代
第3章 「死に際が男の生き様」―もつ鍋屋開店
第4章 鬼の恩人―高校時代、社会人時代
第5章 キャッチボール―もつ鍋わたりとこれから

著者紹介

中野渡進[ナカノワタリススム]
1976年、東京都小平市出身。1999年、横浜ベイスターズに入団。2年目の2001年には中継ぎ投手として63試合に登板。気迫溢れる投球で、5勝1敗防御率2.61と活躍。しかし、登板過多の影響で、翌02年はわずか5試合の登板。そして03年オフに「フロント」から解雇を言い渡される。その後04年から国分寺市にて『もつ鍋わたり』を経営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)