双葉文庫<br> 続・世迷いごと

個数:
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
続・世迷いごと

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 19時02分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 222p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575713985
  • NDC分類 770.4

内容説明

異形にして異能のエッセイストのマツコ・デラックスが、女子アナや元・宝塚女優、80年代トップアイドル、女性政治家といった“偏愛”する女性たちをはじめ、ダルビッシュ有や橋下徹といった男性たちを語り尽くす。通り一遍の毒舌では決してない、一本筋の通った理屈と多くの人が共鳴する感性が詰まった、マツコの真骨頂というべき人物評。

目次

女子アナ最終戦争―田中みな実が終わらせたもの
ナルシシズム&ニヒリズムの研究―演出された自己との決着戦
80年代トップアイドル論―あの3人がいた奇跡
二世タレントの処世―分相応に生きるということ
男性司会者についての考察―ヒデちゃんという王道
自然体不要論―「気持ち悪さ」とは賞賛である
業と純情の近似性―誰が彼女たちを追い詰めたのか
崩壊した幻想とその後―そもそも芸能界に清純派はいない
女優とは“男”である―それにつけても沢尻エリカ
陰性エロスと陽性エロス―熊田曜子の居場所〔ほか〕

著者紹介

マツコ・デラックス[マツコデラックス]
1972年、千葉県出身。コラムニスト&エッセイスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)