双葉文庫<br> 跡継ぎの胤―口入屋用心棒

個数:
  • ポイントキャンペーン

双葉文庫
跡継ぎの胤―口入屋用心棒

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月03日 14時01分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 356p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784575665192
  • NDC分類 913.6

内容説明

沼里藩主又太郎危篤の報を受け、故郷沼里に駆けつけた湯瀬直之進。城下が重苦しい気配に包まれる中、昏々と眠り続けていた又太郎が呟いたうわごとをきっかけに、藩内で様々な思惑が動き出す。予断を許さない藩主又太郎の容体、にわかに燻りはじめた御家騒動の火種―、御家存続を賭け、江戸へ向かった直之進の前に尾張柳生の遣い手が立ちはだかる!人気書き下ろし時代小説第二十弾。

著者紹介

鈴木英治[スズキエイジ]
1960年、静岡県沼津市生まれ。明治大学経営学部卒業。1999年、『駿府に吹く風』(刊行に際して『義元謀殺』に改題)で第一回角川春樹小説賞特別賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

沼里藩主又太郎危篤の報を受けた湯瀬直之進は、沼里藩江戸藩邸に駆けつけた。藩主となってまだ間もない又太郎が命を落とすようなことがあれば、藩の存亡に関わる一大事。一方、国許では、腹違いの弟房興を擁立しようとする一派が動き始める。人気書き下ろし時代小説、シリーズ第十九弾。