双葉文庫<br> 元禄一刀流―池波正太郎初文庫化作品集

個数:

双葉文庫
元禄一刀流―池波正太郎初文庫化作品集

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 268p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575662818
  • NDC分類 913.6

内容説明

浅野内匠頭の家来・堀部安兵衛と奥田孫太夫。吉良上野介の中小姓・清水一学。同じ一刀流の堀内道場に通いながら、敵味方にわかれざるをえなかった彼らを、師の視点から描いた“忠臣蔵外伝”とも言うべき「元禄一刀流」、新陰流の開祖・上泉伊勢守の戦国武将としての姿を描いた「上泉伊勢守」など、文庫初登場の7編を収録。

著者紹介

池波正太郎[イケナミショウタロウ]
1923年東京生まれ。劇作家などを経て60年『錯乱』で直木賞を受賞。小説『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』『真田太平記』など著書多数。77年吉川英治文学賞、86年紫綬褒章、88年菊池寛賞を受賞。90年死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)