• ポイントキャンペーン

双葉文庫
山雨の寺―小検使結城左内

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 292p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575662450
  • NDC分類 913.6

内容説明

文政二年夏、箱根八里を急ぐ丹後宮津藩徒目付、結城左内。藩主松平宗発の寺社奉行加役に伴い、小検使に任じられ、内偵していた男を追う役目の途次であった。突然の雷雨に見舞われ辿り着いた廃寺で、風雨を凌ぐ者が集まり、一夜を明かすことになるのだが…。新気鋭が放つ、書き下ろし長編時代小説。

著者紹介

三宅登茂子[ミヤケトモコ]
1963年、京都府生まれ。アジア・アフリカ語学院卒。現在、警備会社に勤務するかたわら、山村正夫記念小説講座で創作を学ぶ。『密偵 美作新九郎猫股秘聞』(双葉社刊)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)