双葉文庫<br> 投げ文―知らぬが半兵衛手控帖

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり

双葉文庫
投げ文―知らぬが半兵衛手控帖

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 324p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575662443
  • NDC分類 913.6

内容説明

下谷広小路の呉服商「菱乃屋」の主がかどわかされ、三百両の身代金を要求する脅し文が投げ込まれた。探索を任された半兵衛は、妻女と倅の様子に不審を抱くが、事件は思いもよらぬ転がりを見せてゆく。「世の中には俺たちが知らん顔した方が良いことがある」と嘯く、北町奉行所臨時廻り同心・白縫半兵衛の人情裁きを描く、好評書き下ろし時代小説第二弾。

著者紹介

藤井邦夫[フジイクニオ]
1946年、北海道旭川生まれ。テレビドラマ「特捜最前線」で脚本家デビュー。以後、刑事ドラマ、時代劇を中心に400本以上の作品を手がける。主な脚本作品として「八丁堀の七人」「水戸黄門」「子連れ狼」など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)