双葉文庫<br> 姿見橋―知らぬが半兵衛手控帖

電子版価格 ¥518
  • 電書あり

双葉文庫
姿見橋―知らぬが半兵衛手控帖

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 317p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575662306
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

惚れた男のために苦界に身を沈めながらも、果たされぬ約束に一縷の望みを抱く女…。十年前に亭主を殺して行方知れずになった女と同じ顔の女…。幼い我が子を無礼討ちにされた浪人が縋る武士の矜持…。「世の中には私たちが知らん顔した方が良いことがある」と嘯く、北町奉行所臨時廻り同心・白縫半兵衛の人情裁きを描く、書き下ろし時代小説。

著者紹介

藤井邦夫[フジイクニオ]
1946年、北海道旭川生まれ。テレビドラマ「特捜最前線」で脚本家デビュー。以後、刑事ドラマ、時代劇を中心に400本以上の作品を手がける。主な脚本作品として「八丁堀の七人」「水戸黄門」「子連れ狼」など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)