ジュールコミックス<br> 夜明けの図書館

個数:
電子版価格 ¥660
  • 電書あり

ジュールコミックス
夜明けの図書館

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月09日 13時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 176p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784575334623
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やま

218
シリーズ1作目 2011.10発行。字の大きさは…字が小さくて読めない大きさ。記憶の町・わたしの町、父の恋文、虹色のひかり、今も昔もの4話。マンガで図書館の仕事を紹介する。新人の司書・葵ひなこが、4つのレファレンスで来館者の心を温めます。「父の恋文」父は、60才の還暦の時に、一人娘の私を生んで35年後に亡くなりました。片付けをしていたら父のくずし字で書いた手紙が出て来ます。葵は、くずし字を読むために、くずし字の本を借りに図書館にきた娘の力になって、その手紙が、娘に宛てた恋文で有る事を解読します。🌸続く→2021/03/23

しゅわ

185
【図書館】図書館を舞台にしたオススメ本リストより。タイトル&表紙だけで選んだので、漫画でビックリ!さらにリファレンスという…比較的マイナーな(なのかな?)サービスにスポットをあてていて二度ビックリ!な作品でした。やる気あふれる新米司書さんの奮闘記です。思い出の昔の写真、父のラブレター解読、少年の不思議体験と仕事への自信、地元怪談に託す乙女心…ちょっと出来すぎでしょ!?とツッコミ入れたくなりながらも、心温まるエピソードを堪能しました♪2014/11/23

AKIKO-WILL

177
読書メーターで見つけたコミック!本好きなら楽しめると書いてあり、早速読み出しましたが面白かった。図書館司書の仕事が分かり、図書館を舞台にレファレンスをテーマにした作品なのも珍しい。ヒロインを通して、図書館に通う人たちが探している本を探す。1冊に4編ストーリーで読みやすかったです。2014/10/11

もりのくまお

148
ダヴィンチで紹介されていて、有川浩の「図書館戦争」シリーズにレファレンスの話があったなぁと思いだして、読んでみました。私も図書館を利用しますが、レファレンスまではしたことないなぁ、レファレンスだけでは中々マンガにしづらいだろうなぁと思いつつ、読んでみるとけっこう面白いです。何よりもいいのが、画が温かいですね。コマ割りが比較的大きいので読みやすいし、安心感を感じます。主人公の新米司書のひな子と庶務担当の大野君の掛け合いも楽しく読めます。個人的に好きな話は崩し字の話とあかつき橋の幽霊の話です。2013/07/06

takaC

135
実際に利用した事はないけれど、レファレンスサービスって随分と色んなことをしてくれるんだね。2017/01/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4131985

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。