やすらぎの郷〈下〉第91話~第130話

個数:

やすらぎの郷〈下〉第91話~第130話

  • ウェブストアに17冊在庫がございます。(2017年10月23日 11時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 322p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784575312843
  • NDC分類 912.7
  • Cコード C0076

内容説明

戦前からの大スターにもかかわらず乙女のような清純さを持ち続け、“姫”の愛称で親しまれている九条摂子。そんな彼女がここ最近、会話を楽しむ機会が減り、身の周りの荷物を整理し始めた。身辺整理は次第にエスカレートしていき、賞状、トロフィー、勲章までも捨てていく始末。そんな姫の変化を知った住民たちは、断捨離に凝っている水谷マヤがそそのかしたのではないかと疑い、マヤを責め立てる。そんな中、姫は夜の浜辺で唱歌を口ずさみながら大事に保管していた着物を裂き始める。日々巻き起こる「やすらぎの郷」住民たちの騒動に、最終回まで目が離せない。倉本聰オリジナル連続ドラマ脚本集。

著者紹介

倉本聰[クラモトソウ]
1935年、東京都出身。作家・脚本家・劇作家・演出家。東京大学文学部美学科卒業後、1959年ニッポン放送入社。1963年に退社後、脚本家として独立。1977年、富良野に移住。1984年から2010年まで、役者やシナリオライターを養成する私塾「富良野塾」を主宰。この26年間に育てた「富良野塾」の卒業生とともに創作集団「富良野GROUP」を立ち上げ、現在は主に舞台公演を中心に活動している。2006年より「NPO法人富良野自然塾」を主宰し、閉鎖されたゴルフ場に植樹をし、元の森に返す自然返還事業と、そのフィールドを使った環境教育プログラム活動を積極的に行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

テレビ朝日系で月曜~金曜ひる12:30より放送中の連続ドラマ「やすらぎの郷」シナリオ本の続編。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件