ふるさと銀河線 - 軌道春秋

電子版価格 ¥660
  • 電書あり

ふるさと銀河線 - 軌道春秋

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 202p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784575306118
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0079

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

もんらっしぇ

45
目の前に具象としての画像が現れます。脳内の抽象的イメージだけだったのに。小説の映画化・ドラマ化がそう。異論があることとは思いますがコミックも悪くないですよね♪ そもそもコミック用の原作として綴られた物語の数々。改めてコミックも堪能しました。特に良かったのは「車窓家族」。それぞれのキャラと舞台と背景のイメージが合致しました。これこそ一話完結のドラマか短編映画にしてもよいでしょう。趣向を変えて舞台化、小劇場で演劇など可能かも。プロデューサーになったつもりで妄想のキャスティング等々してみたくなる作品です… 2020/08/19

あっちゃん

24
小説の方は未読なのだけど、とりあえずコミックで!こういう素朴な感じの作品は、いつかフッと思い出したりする予感!2015/09/19

つらら@道東民

23
小説版のつながりで手に取りました。ページ数が少ないので深みには欠けるのですが、こういう漫画も良いものです。『晩夏光(ばんかこう)』が、やるせなさが伝わってきて好きですね。2014/03/12

ぐっち

21
高田郁さんの小説版から続けて。「ふるさと銀河線」のお兄ちゃんがおっさんくさかった以外、ほぼイメージ通り!小説版にはなかった「ひとり咲き」が廃線跡をめぐる旅でよかったです。この話のラストシーンが絵で見れて良かった。2014/01/13

ちょるる

16
高田郁さんが、「川富士立夏」のペンネームで元は漫画の原作者をしていた、というのは知っていた。機会があったら、コミック版ふるさと銀河線を読みたいと思っていた。その当時から熱心だったんだなぁ。小説より短いが、良かった。2020/08/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7791897

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。