• ポイントキャンペーン

福島第一原発潜入記―高濃度汚染現場と作業員の真実

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 180p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784575303582
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C0095

目次

プロローグ 「福島第一原発に作業員として潜入してみないか?」
第1章 3.11運命の日―ボクは事務所で原稿を書いていた。
第2章 そしてボクはJヴィレッジに向かった。
第3章 簡単に潜入できた福島第一原発。
第4章 我、東京に帰還せり。
特別付録その1 「福島第一原発」作業員インタビュー
特別付録その2 原発作業員本音座談会
特別付録その3 『原発被曝列島』著者・フォトジャーナリスト樋口健二氏インタビュー

著者紹介

山岡俊介[ヤマオカシュンスケ]
1959年、愛媛県生まれ。フリージャーナリスト。有料ネット情報紙「アクセスジャーナル」(http://accessjournal.jp/)主宰。神奈川大学法学部卒。法政大学大学院人文科学研究科日本史学(近・現代史)修士課程中退。零細編集プロダクションに2年半在籍し、29歳よりフリーに。91年1月より『週刊大衆』の専属記者を務めながら、『噂の眞相』『財界展望』などに記事執筆。大手消費者金融「武富士」の不正を精力的に取材し、03年に世界有数の億万長者であった会長(当時)を塀の中に追いやる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)