清張とその時代

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 384p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784575301823
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

清張研究の第一人者による、初の本格評伝。文学に挑み続けた作家の正体が今、明らかになる。

目次

父の山河
海峡の灯
流転の川
彷徨の春
凍天の星
風塵の坂
鵲の距離
泥砂の花
冬の夕立
夜明けの靄
怒濤の時
霧と砂
山嶺の風
遥かな旅

著者等紹介

郷原宏[ゴウハラヒロシ]
1942年島根県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。詩人、文芸評論家。74年、詩集『カナンまで』でH氏賞受賞。83年、評論『詩人の妻―高村智恵子ノート』でサントリー学芸賞受賞。2006年、『松本清張事典決定版』で日本推理作家協会賞(評論部門)を受賞。松本清張の研究をはじめ、国内外のミステリー評論を多く手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

いまなお多くの読者を魅了する巨匠・松本清張氏の初の本格評伝。清張氏の書き残した作品から清張文学の源流をさぐる。少年清張は、いかにして巨匠となったのか。清張を語ることは、戦後の日本文学を語ることになる。