可制御の殺人

個数:
電子版価格 ¥1,870
  • 電書あり

可制御の殺人

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年05月18日 22時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 306p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784575245004
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

女子大学院生が自宅の浴室で死亡しているのが発見された。警察は自殺と判断したが、その裏には人間も機械と同じように適切な入力(情報)を与えれば、思い通りの出力(行動)をすると主張する謎の人物・鬼界が関わっていた・・・・・・。小説推理新人賞で選考委員からその才能を高く評価された著者によるデビュー連作短編。

内容説明

女子大学院生が自宅の浴室で死亡しているのが発見された。警察は自殺と判断したが、その裏には人間も機械と同様、適切な入力(情報)を与えれば、思い通りの出力(行動)をすると主張する謎の男・鬼界の存在が。他人を意のままに操る鬼界の目的とは何なのか?そして、人間は本当に機械と同様、自在に制御することが可能なのか?第42回小説推理新人賞最終選考で選考委員から高く評価された若き才能によるデビュー連作短編集。

著者等紹介

松城明[マツシロアキラ]
1996年、福岡県出身。九州大学大学院工学府卒業。2020年、短編「可制御の殺人」が第42回小説推理新人賞最終候補に残る。同作を表題作として連作短編集『可制御の殺人』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

aquamarine

77
人間はシステム同様に制御可能なのか…。一編目は邪魔者を排除しようと密室殺人を企てるQ大学工学部学生・千冬の倒叙。完全な密室を作り上げる寸前、邪魔が入って…!主人公を変えながら物語は連作短編の形で進むのだが、必ず出てくる「鬼界」という得体のしれない人物に毎回ざらっとしたものが残される。人物が繋がってくる後半は先が気になり一気に読むしかなかった。短編それぞれがミステリとしてきちんと落ちているのに、一冊としての伏線回収も見事。工学的知識はないが、説明もわかりやすかった。デビュー作とのこと、今後の作品が楽しみ。2022/04/24

さっこ

64
第42回小説推理新人賞最終選考で高く評価された表題作を連作短編にアレンジしたデビュー作。うわ~理系の人の作品だ~っていう印象。人間の心を情報操作することによって犯罪をコントロールできるのか。機械工学とか面白い分野を生かした仕掛けが面白かった。本作の主人公「鬼界」にまた会えるかな。2022/03/30

さっちゃん

54
第42回小説推理新人賞最終候補となったデビュー作。<人間も機械と同様、適切な入力(情報)を与えれば、思い通りの出力(行動)をする>と考える、謎の存在・鬼界を中心とした連作短編集。謎に包まれた鬼界が不気味で仕方がない。鬼界の正体が知りたくて次へ次へと頁をめくるも、表れてみると「お前誰だ……」と混乱。システム同定された人間を他人が制御できるのか。社会システム全体を制御することはできるのか。考えると空恐ろしくなる。一話一話の事件の謎解きも面白く、理系が苦手な私でも読みやすい。続編が出るなら読みたい。2022/03/24

ゆのん

50
理数系が超絶苦手な私には少し難しい箇所もあったものの、あまりにも奇抜な考え方に物語がどの様に進み、どんな結末になるのかとても気になりみるみるうちに読み終えた。人間が機械の様になればコントロール出来、犯罪はなくなり、世界は平和で安全な場所となる…。犯罪がなくなるのは大賛成だが、全てがシステム通りにコントロールしてしまうとは何と味気無い、つまらない世の中だろうとも思う。そんな突拍子も無い事を目論む『鬼界』とはヒーローなのか…。個人的にはスッキリしない結末に思え、続編が出るのかが気にかかる。2022/03/15

akiᵕ̈*

35
むむむ。これは小説で読むというよりも、コナンくんのように漫画とかアニメの方が、この物語の良さが伝わるんじゃないかなと思う作品だった。人間を機械のように入力すれば思い通りに出力できると嘯く鬼界。「人間のシステム同化」し意のままに操ることで良い世の中を作り上げる事を目論むが、理性や本能という良さがあるのが人間だ。フィクションという中での近未来的ミステリーとしては楽しめたが、鬼界に振り回され、1回読んだだけでは理解しがたく、わたしの中では牛歩的な読書となった。2022/04/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19301036

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。