犬がいた季節

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

犬がいた季節

  • ウェブストアに18冊在庫がございます。(2022年07月04日 22時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 346p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784575243253
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

1988年夏の終わりのある日、高校に迷い込んだ一匹の白い子犬。「コーシロー」と名付けられ、以来、生徒とともに学校生活を送ってゆく。初年度に卒業していった、ある優しい少女の面影をずっと胸に秘めながら…。昭和から平成、そして令和へと続く時代を背景に、コーシローが見つめ続けた18歳の逡巡や決意を、瑞々しく描く青春小説の傑作。

内容説明

ある日、高校に迷い込んだ子犬。生徒と学校生活を送ってゆくなかで、その瞳に映ったものとは―。最後の共通一次。自分の全力をぶつけようと決心する。18の本気。鈴鹿でアイルトン・セナの激走に心通わせる二人。18の友情。阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件を通し、進路の舵を切る。18の決意。スピッツ「スカーレット」を胸に、新たな世界へ。18の出発。ノストラダムスの大予言。世界が滅亡するなら、先生はどうする?18の恋…12年間、高校で暮らした犬、コーシローが触れた18歳の想い―。昭和から平成、そして令和へ。いつの時代も変わらぬ青春のきらめきや切なさを描いた、著者最高傑作!

著者等紹介

伊吹有喜[イブキユキ]
1969年三重県生まれ。中央大学法学部卒。2008年『風待ちのひと』でポプラ社小説大賞特別賞を受賞しデビュー。主な著書に、全国有志の書店員による「乙女の友大賞」を受賞した『彼方の友へ』など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

771
伊吹 有喜、三作目です。本書は、八高犬コーシロー連作短編集の佳作でした。直木賞を獲るほどの勢いはありませんが、平成前半の風俗史、懐かしく温かい物語でした。オススメは、第四話『スカーレットの夏』-平成9年度卒業生 平成9(1997)年4月〜平成10(1998)年3月です。 https://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-24325-3.html2020/12/17

さてさて

757
18歳の青春を駆け抜け一歩ずつ大人になって行く高校生を見続けたコーシローの物語は、コーシローを大切に思い続けた優花が大人の階段を一つずつのぼっていく物語でもありました。そして、そんな優花が大人になってそこに見たもの、感じたもの。それは、時代が移り変わっても決して変わることのない、”あの時代”を駆け抜けた優花の思いの先にあるものでした。そして、まさかの幸福感が待つその結末に、冷たい涙が温かく変わる瞬間を感じる物語。ああ、いいなあこの作品、ただただそう感じました。作品の中に、18歳の自分を確かに見つけました!2021/04/03

ウッディ

715
三重の進学校・八稜高校に迷い込んだ一匹の犬、生徒達の尽力で学校で飼うことになったコーシロー。恋や友情、進路に悩む生徒たちを見つめるコーシローの眼差しは優しく、巣立っていく彼らを見送るしかない寂しさを湛えている。セナが年間チャンプになった鈴鹿GP、昭和、平成のヒット曲や懐かしい出来事をスパイスに描かれた青春のひとコマが眩しく、切なかった。それぞれの物語がつながり、創立記念日に集う彼らの今に、画家になる夢をかなえた光司郎、教師として戻ってきた優花、当時叶わなかった二人の恋愛に胸が熱くなった。面白かったです。2021/03/21

Makoto Yamamoto

582
1988年夏の終わりのある日、高校に迷い込んだ一匹の白い子犬。「コーシロー」と名付けられ、以来、生徒とともに学校生活を送ってゆく。初年度に卒業していった、優花と光史郎をおもいながら生きる。高校在学生とともに昭和、平成を生き抜き、令和まで届かなかったが、令和元年の八陵高校百周年のコーシローの会で共に生きた当時高校生が揃う。 浅見と早瀬は高校時代に戻る。 5話までは当時の高校生を描き、6話で締める。本屋大賞を受賞してもいい作品だと思う。2021/03/28

ショースケ

581
先程読みわりました…良かったー!まだ余韻に浸っています。 三重県四日市市にある進学校、八稜高校で飼われることとなった白い犬、コーシロー。昭和の終わりから平成、令和と話が進む。当然高校だから、三年間で生徒たちは卒業していく。その間のコーシローとの触れ合い、若い時でないとわからない切なさ、愛情、そして胸キュン!もう、どの章をとっても青春がみなぎる。最後はドキドキしながら読む手が震えた。あぁ、気持ちがふわふわ、ほっこりしてる。可愛い犬コーシロー。人間がわからないだけですべてわかっているのだなぁ。2021/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16602389

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。