脳卒中で倒れてから―よく生き よく死ぬために

脳卒中で倒れてから―よく生き よく死ぬために

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784574701181
  • NDC分類 916
  • Cコード C0077

内容説明

77歳のとき脳出血で倒れ、左半身まひになった社会学者の鶴見和子さん。重度の障害と共生し、老いと向き合う姿は、高齢社会へのカンフル剤になる。

目次

社会学者、鶴見和子の命日
余生は車いすと言われて
リハビリテーションの第一人者、上田敏先生との出会い
失ったものより得たもののほうが大きい
時間貧乏のわたしのスケジュール
「ゆうゆうの里」の住み心地
歩く稽古は一日も欠かせない
身だしなみ
いざというときは着物で決める
食事で心がけていること〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

fonfon

10
「身のうちに 死者と生者がともに棲み ささやきかわす魂ひそめ聞く」和子さんは死に仕度をはじめて後、生き還った。精神の回生を生きた人である。障害者の立場から、死者の立場から日本を社会的に開いてゆくというのは、戦後日本のやり残したことで、やらなければならない、一番大切なこと、と書いておられる。10数年前に初読した頃と比べて、和子さんの俳句が身にこたえるようになった自分の変化に驚く。死者の立場から、、というのは、若松英輔猪著「魂にふれる」のテーマでもあった。このことを自分の身により引き寄せたい。2012/09/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/871574

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。