PHP文芸文庫<br> 追憶映画館―テアトル茜橋の奇跡

個数:
電子版価格
¥660
  • 電書あり

PHP文芸文庫
追憶映画館―テアトル茜橋の奇跡

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月28日 03時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 281p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784569900780
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

友人に騙され借金を背負った男が、町で出会った少女に「私を殺し屋にして」と頼まれ……。
母が故郷の橋で再会した、生涯の〝想い人〟の正体とは……。
病室の窓から男が見たのは、十一歳の時に一目惚れした少女と瓜二つの女の子だった……。
『レオン』『マディソン郡の橋』『小さな恋のメロディ』など名作映画をモチーフに、焼失した映画館と、映画で結ばれた人々に起こる奇跡を、稀代の脚本家が描く感動の連作短篇集。文庫オリジナル。

内容説明

友人に騙され借金を背負った男が、町で出会った少女に「私を殺し屋にして」と頼まれ…。母が故郷の橋で再会した、生涯の“想い人”の正体とは…。病室の窓から男が見たのは、十一歳の時に一目惚れした少女と瓜二つの女の子だった…。『レオン』『マディソン郡の橋』『小さな恋のメロディ』など名作映画をモチーフに、焼失した映画館と、映画で結ばれた人々に起こる奇跡を、稀代の脚本家が描く感動の連作短篇集。

著者等紹介

伴一彦[バンカズヒコ]
1954年、福岡県生まれ。日本大学芸術学部映画学科脚本コース卒業。脚本家。81年、テレビドラマ「探偵同盟」(フジテレビ)最終回と映画「バックが大好き!」(にっかつ)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

タイ子

75
これだけ好きな映画が出て来ると読みながらワクワクしてしまう。古い映画館、火災で焼けたが取り壊さず未だ手つかずの状態で残っている。テアトル茜橋、それが映画館の名前。そこで上映された映画にまつわる思い出を描きながら、人生とは、家族とは、人を愛する喜びなど心に沁みる連作短編集。「ハチ公物語」にちなんだ話はもちろんワンちゃん。ロクと言う名の犬が殺処分寸前に引き取られその後の話。やはり動物と子供の話には勝てません。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」はこれまたデロリアンが登場して…。名画を思い出しながらひと時の感動。2024/02/27

keroppi

71
図書館新刊コーナーで見つけて。著者初読み。焼失した映画館「テアトル茜橋」を再建しようと戻ってきた娘。焼失の原因は?家族の秘密は?そして、様々な人たちの人生が、そこで観た映画に絡めて、連作のように綴られていく。やはり、「ニュー・シネマ・パラダイス」。それから、「レオン」、「小さな恋のメロディ」、「ローマの休日」、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」、等々。映画は、人生と共にある。懐かしい映画を観ると、自分の辿ってきた道を振り返る。2020/10/16

いちろく

41
街の映画館の復興話を軸に、『ニュー・シネマ・パラダイス』『レオン』『マディソン郡の橋』『小さな恋のメロディ』等の名作をモチーフにした短編を挿入していく構成の作品。話のメリハリがハッキリしている作風と思ったら、著者がキー局のTV脚本を手掛けていると知り納得。人情的な盛り上がりの展開を含め、オムニバス形式の連作ドラマを観ているような感覚の内容だった。 2020/11/11

mr.lupin

36
「レオン」「ハチ公物語」「マディソン郡の橋」「小さな恋のメロディ」「愛と喝采の日々」「ローマの休日」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と七つの名作映画をモチーフに、焼失してしまった映画館『テアトル茜橋』と、映画で結ばれた人々に起こる奇跡を描いた連作短編集。観たことある映画もあったりで、それなりにリンクして楽しめた。『追憶映画館』中々良い響きだな。⭐⭐⭐⭐★2024/01/19

のんちゃん

29
映美は移住仕事先の米国から実家である映画館の再建の為、帰国した。この映画館に、昔、関わりがあり、その上映作品に影響を受けた人々の話を、作者で脚本家でもある伴氏が映画作品を絡めながら、描いていく。私は学生の頃、そして勤め人になってからも、洋画が好きで、アルバイト代やお給料はほぼ映画鑑賞と映画雑誌と小説に消えた。一人でも名画座によく出向いた。私の生涯ベスト1はバーブラストライザンドの『追憶』偶然本書の題名にも入っている。本書掲載の作品もほぼ観ていた。映画好きだった私には懐かしくとても楽しい読書だった。2020/12/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16271242
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。