PHP新書<br> メルケル 仮面の裏側―ドイツは日本の反面教師である

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

PHP新書
メルケル 仮面の裏側―ドイツは日本の反面教師である

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月27日 21時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 288p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569847139
  • NDC分類 312.34
  • Cコード C0230

出版社内容情報

「日本人はメルケルを誤解している」。ドイツ国民の多くは、「世界で一番影響力のある女性」アンゲラ・メルケル首相を誇りに思っている。民主主義・人権・環境――彼女は魔法のように、ドイツ人の思考を変えてしまった。しかし、その副作用としてドイツは自由を失いつつある。かつてのライバルCDUとSPDは連立が長期化し過ぎて呉越同舟、野党・緑の党は信条的にメルケルと一番フィーリングが合うという不思議。唯一のコアな野党AfDには極右のレッテルが貼られ、叩くか無視する以外は許されない。ドイツ社会は、異なった意見を受け入れないという危険な水域に入ろうとしている。だが、多くの国民はそれに気づかない。いったい何が起こったのか? メルケル首相とドイツ政治の変容をライフワークとして追い続ける著者が、生い立ちから雌伏の時、豹変と飛翔、君臨への過程を描き切る。日本人がいまこそ知っておくべき、美名の裏に隠れた全体主義化への警鐘。

内容説明

ドイツ国民の多くは、メルケル首相を誇りに思っている。民主主義・人権・環境―彼女は魔法のように、ドイツ人の思考を変えてしまった。その副作用として、ドイツは自由を失いつつある。かつてのライバルCDUとSPDは連立が長期化し過ぎて呉越同舟、野党・緑の党は信条的にメルケルと一番フィーリングが合うという不思議。唯一のコアな野党AfDには極右のレッテルが貼られ、自由で闊達なディベートを許さない。ドイツ社会は、異なった意見を受け入れないという危険な水域に入ろうとしている。だが、多くの国民はそれに気づかない。いったい何が起こったのか?美名の裏に隠れた全体主義化への警鐘。

目次

眠るメルケル―「赤い牧師」の子
目覚めるメルケル―社会主義からの訣別
動き出すメルケル―完璧な記者会見と選挙活動
羽ばたくメルケル―ドイツ統一の事務方として
考えるメルケル―「権力は必要なものです」
戦うメルケル―裏切りと勲章
豹変するメルケル―EUの大地に咲く大輪のダリア
君臨するメルケル―国民を味方に付ける快感
世界を救うメルケル―「ドイツ人は理性を失った」
微笑むメルケル―一瞬で保守を葬り去る
ヒューマニスト・メルケル―100年後の世界
永遠のメルケル―誰も何も言い出せない
シンデレラ・メルケルの落日

著者等紹介

川口マーン惠美[カワグチマーンエミ]
作家、ドイツ・ライプツィヒ在住。日本大学芸術学部卒業後、渡独。1985年、シュトゥットガルト国立音楽大学大学院ピアノ科修了。2016年、『ドイツの脱原発がよくわかる本』(草思社)で第36回エネルギーフォーラム賞・普及啓発賞受賞、2018年に『復興の日本人論 誰も書かなかった福島』(グッドブックス)が第38回の同賞特別賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

trazom

94
著者は「なぜか日本にはメルケル・ファンが多く、偉大な名君として名を馳せる」のが我慢できないのだろう。これでもか、これでもかとメルケル首相の強かさ、遊泳術の巧みさ、変わり身の早さを列挙してゆく。脱原発と難民受入れは、ポピュリストのスタンドプレーだと言う。保守党CDUを率いてドイツ社会を左傾化させたのは、ドイツを社会主義化するというメルケルの陰謀だったとも。本当だろうか。大連立を繰返して左右両派のバランスを取りながら、跋扈する強欲資本主義に対抗して国家運営に当たるメルケル首相の高い理念を、私は信じたい。2021/07/16

南北

52
メルケルの半生を描いた本。一言で言えばドイツの小池百合子といえる。権力志向が強い点や原発擁護から突然、反原発に変わるなど政策面でのこだわりが全くない点がそっくりだ。エネルギー問題に限っても2022年までに原発ゼロを推進しているが、代替エネルギーのメドが立っているわけではない。メルケルは2021年の総選挙で首相を退任するとしているが、こんな状態で政権をバトンタッチされても後任の首相は難題を押しつけられるだけだ。もはやメルケル批判ができず、全体主義への道を進んでいるドイツは危険な段階に入りつつあると思う。2021/04/20

tomo

8
☆☆☆ SPD,CDU,CSU,馴染みのない政党名に、地名と名前。政治体制等ほとんど知らなかったので、前半はかなり読みづらかった。しかし、メルケルは元東ドイツ出身で、もともと社会主義者ということは分かった。ホロコーストのトラウマがあるドイツ国民は、左翼の「仲良し政治」を選択し、あげくに、EU(ドイツ)と中国(?)が温暖化対策の先陣を切る!?との中国首相と共同会見。悪い冗談のようだが事実だ。人の良さそうなおばあちゃんと思っていたら、とんでもなかった!2021/04/18

Yuki2018

5
メルケルは保守政党である筈のCDUの党首であったが、根っこの思想は社会主義的であり、ドイツはメルケルの時代を通じて左傾化したという。メディア受けが良い方をとにかく選択するリアリストでもある。メディアの人間の性質は洋の東西を問わないらしく、ドイツのマスコミも日本のそれと似たようなもののようだ。大した政治家である。米国のような理想主義的な国とは異なり、欧州というのは、綺麗事を言いながら自分に都合が良いように持っていこうとする老練な人達である。あっさり信じ込むのはナイーブすぎ、非常に危険なことだろう。2021/08/28

takao

3
ふむ2022/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16018761

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。