メンタルが強い人の習慣―外資系エリート1万人をみてきた産業医が教える

個数:
電子版価格
¥1,500
  • 電書あり

メンタルが強い人の習慣―外資系エリート1万人をみてきた産業医が教える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月18日 21時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 286p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569847078
  • NDC分類 498.8
  • Cコード C0030

出版社内容情報

●本書の著者は、外資系企業の産業医として、年間1000件以上の面談を行っている。そして、これまでに1万人以上の様々な職種の人たちから、じかに話を聴いてきた。業種も、金融、コンサルティング、IT、輸送用機器、不動産、教育など多岐にわたる。

●外資系企業では常に厳しく成果を問われ、業績不調が続けば解雇されることも珍しくない。また中途採用が多いため、人間関係は一般的な日本企業に比べるとドライ。一人ひとりにかかるストレスは決して小さくなく、メンタル不調に陥ってしまう人も少なくない。

●ただそうした一方で、同じようなタフな職場環境にあっても、安定したメンタルで結果を出し続けている人もたくさんいるという。

●著者は、そうした「不安やストレスで悩まず、元気に前向きに働き続ける人たちには、どのような特性があるのか、何が共通しているのか」を、産業医面談の場で長年ヒアリング・研究してきた。

●本書は、「メンタルが(ストレスに)強い人に共通する考え方や習慣」を解説。

内容説明

タフでハードな環境でも元気に働き続けている人のストレスとの上手な付き合い方。

目次

はじめに―ストレス耐性は天性のものではなく、強化できる技術(スキル)である
第1章 メンタルヘルス強化は、今後ますます重要になる
第2章 「ストレスに弱い人」でも変われます!―7つの特徴と産業医の処方箋
第3章 「メンタルが強い人」にこうすればなれる!―ハードな環境でも元気に働き続けられる7つの習慣
第4章 職場の「対人ストレス」の対処法
第5章 「周りの人」のストレスをケアする方法
第6章 メンタル不調者を出さない上司の習慣

著者等紹介

武神健之[タケガミケンジ]
日本医師会認定産業医、一般社団法人日本ストレスチェック協会代表理事。神戸大学医学部卒、東京大学医学部大学院修了(腫瘍外科学専攻)。外資系の金融業・コンサルティング業・IT業・輸送用機器業・教育業を中心に20以上のグローバル企業で、年間1,000件、通算10,000件以上の健康相談やストレス・メンタルヘルス相談を実施。働く人の「こころとからだ」の健康管理をお手伝いしている。2014年には、一般社団法人日本ストレスチェック協会設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

minami

54
産業医の著者。労働者が健康で働きやすい環境で仕事をしているか医者の立場から助言をする、産業医。今までお世話にならなかったのは有難いと思う。メンタルは強いに越したことはないけれど、自分だけではどうにもならない。相手がいて、その関わり方でストレスが生まれる。自分の職場と重ね合わせて、自分だったらどう行動するか考えながら読んでみた。7年前に入社した時の上司に巡り合っていなければ、今の私はいなかった。とっくに辞めていたな〜なんて感慨深い。今のコミュニティも何でも話せて心地良い。私も「聞ける人」になりたい。2021/04/04

ぶるーめん

6
「メンタルの強い人」というタイトルがあっているかどうかはともかく(読み終わってみるとメンタルの強い人自体の話はそんなに出てこない)、過酷になりつつある職場やテレワークの環境の中でどういう考え方で過ごすか、ヒントをもらえる本。管理職としての部下との関係性も考えさせられた。ツボは押さえている本で、自分をチェックする意味で読み返したい。2020/06/21

カツ丼

5
ストレス=強度×持続期間◆疲労度が高いとストレスに脆くなる◆嬉しい楽しい気持ちいい清々しい誇らしいなどのポジティブな気持ちは自己肯定感を高める◆好きな事に熱中しているとフロー状態となり気分展開になる◆趣味はコミュニティが生まれ心の支えとなる◆カッとなったら6秒待つ◆ストレス原因からは距離をとる◆ストレスを和らげる為に意識的に5感を使うといい◆体調管理、しっかり寝てしっかり食べるそして自分の状態を感じる◆ストレス症状、身体・精神・行動2020/10/13

ゆみちき

2
可愛がられる部下になる 5つの「きく」 聞く 聴く 訊く 効く 利く 認める時には「頑張って★いる★ね」とわかっていることを表現する2020/09/23

じゅんぞーん

2
最近メンタルが弱いと思って読了。 平易な言葉でわかりやすく書いてある。疲れたときは上を向いてみるなど具体的な対処療法もあるので参考にしようと思う。2020/09/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15591168
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。