怖くて眠れなくなる地学

個数:

怖くて眠れなくなる地学

  • 提携先に60冊在庫がございます。(2020年08月12日 19時20分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569846965
  • NDC分類 450
  • Cコード C0044

内容説明

記録に残る災害から宇宙と地球レベルの問題まで。知らないと恐ろしい、地学のはなし。

目次

1 不気味に震える日本列島(記録に残るおもな地震;なぜ日本に地震が多いのか? ほか)
2 火を噴く火山列島の恐怖(恐るべき日本列島の火山分布;恐怖の高速火砕流 ほか)
3 恐ろしい気象とその災害(今が氷河時代ってホント?;異常気象の怖さ ほか)
4 防災で恐怖を乗り越える(地震に弱い地盤、地震に強い家;大地震に遭遇したらどうする? ほか)
5 宇宙と地球レベルでの怖い話(今、地球磁場の様子がおかしい;巨大噴火の冬、核の冬 ほか)

著者等紹介

左巻健男[サマキタケオ]
東京大学講師(理科教育法)。「理科の探検(RikaTan)」誌編集長。1949年生まれ。埼玉県公立中学校教諭、東京大学教育学部附属中・高等学校教諭、京都工芸繊維大学教授、同志社女子大学教授、法政大学生命科学部環境応用化学科教授・法政大学教職課程センター教授を経て現職。理科教育(科学教育)、科学リテラシーの育成を専門とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

地球が再び氷河期に突入するなど、人類滅亡レベルともいえる影響を与える現象が現実になる可能性もあるなど、怖い話題がいっぱい