教養として知りたい日本酒―世界のビジネスエリートが大注目!

個数:
電子版価格 ¥1,600
  • 電書あり

教養として知りたい日本酒―世界のビジネスエリートが大注目!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月26日 11時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 317p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569846910
  • NDC分類 588.52
  • Cコード C2034

出版社内容情報

名誉?酒師であり、40年以上日本食・酒の店を切り盛りする著者が、お勧めの50銘柄と酒作りの教養、日本酒の世界進出の道を語る。

内容説明

NYで250銘柄を扱う日本料理店・酒蔵。その経営者が、酒造りの凄さと、日本酒の世界戦略を綴った!

目次

1 私がお薦めする50銘柄(米と水と酵母の力;杜氏の技術、手間をかけた仕込;バラエティに富む日本酒の世界;欧米での高い評価;地域の歴史と文化を背負って)
2 世界に日本酒を広めるための7つの戦略(世界のトランド発信基地NYに醸造所を造る;日本酒にアメリカ人が関心を持つ仕掛け作り;世界各地のクラフトSAKEが売れるように応援する;卒業生を世界各地に送り出し日本酒関連事業への従事を応援する;アメリカ人の料理人をスカラシップで日本へ送る;JOY OF SAKEをNY、ホノルル、東京で開催して日本酒の知名度アップに貢献;世界の乾杯酒を目指す「awa酒」の応援)

著者等紹介

八木・ボン・秀峰[ヤギボンシュウホウ]
TICレストラングループ代表取締役社長。NPO法人日本食レストラン海外普及推進機構ニューヨーク支部世話人。NPO法人五絆ソサエティー理事。NPO法人日系人会理事。1948年、茨城県生まれ。1968年に渡米し、フィラデルフィアへ。1980年、アメリカ市民権を取得。NYで24時間営業のアメリカンダイナーズレストラン「103」開業。1984年、マンハッタンのイーストビレッジに江戸前鮨の「波崎」を開店。以後シャブシャブ・すき焼き・焼き肉の「しゃぶ辰」、日本酒の酒場「でしべる」、日本酒のレストランバー「酒蔵」、手打ち蕎麦の「蕎麦屋」、関東風醤油ラーメンの「来々軒」、抹茶の和カフェ「茶庵」、カレー専門店「〓〓屋」、大正浪漫スタイルのコーヒーと日本酒バー「Hi‐Collar」など次々にオープン。現在17店舗を数える。2009年、NPO法人FBOおよびSSIから「名誉〓酒師」の称号授与。2017年、農林水産省から日本食海外普及功労者表彰を受章。2019年、日本食普及功労者として旭日双光章を授与される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

どんぐり

38
日本酒は名前、ラベルがかっこよく、栓を開けて飲む時は何とも言いようがない楽しさでいっぱいになる。単なるアルコール飲料ではなく、人と人、街と街をつなぐ役割も担う。 すごく奥が深い。日本酒にはいろんな蔵があり、また種類も豊富、歴史も長い日本を代表するお酒だ。米の品種、精米歩合、仕込み水、酵母が全く同じでも、造る人が違えば同じ味わいにはならない。まさに造り手の個性、人格を反映する。日本酒について多くを学べる読み応え満載の一冊。    ⚠️すごく飲みたくなるので注意!!2020/06/13

takao

3
青森県だと陸奥八仙。2021/02/09

☆ツイテル☆

2
フライヤー2021/08/21

sadaru

2
教養を深めようと、ウンチクを語ろと画策。しかし、自分が知りたい内容より上品で何かしっくり来なかった。お酒が外国へ出しているものが多かったからかな。どちらかといえば庶民的なお酒が知りたかった。酒をやめた僕が言うことではありませんが。2021/05/15

山口 公大

2
2019年度の清酒輸出総額は約234億円(前年比5.3%増)で、10年連続で過去最高を更新したと発表しているように、日本酒は小さいながらも数少ない伸びている産業。その現在地がわかる。 詳細は下記。 https://note.com/t06901ky/n/nd20571b608202020/06/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15366464

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。