仕事に使えるデカルト思考―「武器としての哲学」が身につく

個数:

仕事に使えるデカルト思考―「武器としての哲学」が身につく

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年01月23日 20時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569846552
  • NDC分類 135.2
  • Cコード C0030

内容説明

「速断と偏見を避けて、明晰に判断する」「大きな問題は小さく分けて考える」「軌道修正しやすい、穏健な道を選ぶ」「失敗しても全否定しない」―デカルトの言葉をヒントに、物事を論理的に考え、正しく判判できるようになるための「思考の技法」を学ぶ。

目次

第1章 デカルトの哲学は仕事に使える―四百年受け継がれてきた「思考の極意書」に学べ!(デカルトを知らないのは、もったいない!;不安と後悔からも脱却できる ほか)
第2章 デカルト思考で「考える自分」をつくる―「理性の力」は仕事に使える!(理性の力はすべての人に備わっている;考えるから、人は動じなくなる ほか)
第3章 論理的思考力が身につく「四つの規則」―難問は小さく分解せよ!(明証性の規則―速断と偏見を避けて、明晰に判断する;分析の規則―大きな問題は小さく分けて考える ほか)
第4章 判断力が身につく「三つの基準」―迷ったら同じ方角に向かってまっすぐ進め!(軌道修正しやすい、穏健な道を選べ;一度決めたら、一貫してやり抜け ほか)
第5章 感情コントロール力が身につく思考法―「驚き」は利用し、「憎しみ」は避けよ!(驚きや喜びは思考のエネルギーになる;「驚き」は勉強・仕事・人生に役立つ ほか)

著者等紹介

齋藤孝[サイトウタカシ]
1960年、静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学大学院教育学研究科博士課程を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。テレビ、ラジオ、講演等、多方面で活躍。著書に『声に出して読みたい日本語』(草思社文庫、毎日出版文化賞特別賞受賞)、『身体感覚を取り戻す』(NHKブックス、新潮学芸賞受賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「デカルト思考」を身につけると、物事を論理的に考え、正しく判断できるようになる。哲学書の名著『方法序説』『情念論』に学ぶ。