PHPビジネス新書<br> すごい物流戦略―アマゾン、ニトリ、ZARA…

個数:
電子版価格
¥880
  • 電書あり

PHPビジネス新書
すごい物流戦略―アマゾン、ニトリ、ZARA…

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月19日 20時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 301p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569840956
  • NDC分類 675.4
  • Cコード C1234

出版社内容情報

「物流」が企業の競争力を大きく左右する時代。日米の物流の最新事情に精通する著者が「身近なあの企業」の知られざる物流戦略を紹介。

角井 亮一[カクイ リョウイチ]
著・文・その他

内容説明

ネット通販の急拡大、深刻なドライバー不足、輸送コストの上昇…。物流“危機”が叫ばれる昨今、多くの企業がこの問題に頭を悩ませている。しかし一方で、独自の「物流戦略」をもとに圧倒的な競争力を生み出している企業もある。そこで物流の最新事情に精通する著者が、ZARA、DHLの知られざる物流戦略を海外現地取材。また、アマゾン、ニトリ、アイリスオーヤマなどの事例も紹介する。あなたの会社を「物流で勝つ会社」にするヒント満載!

目次

序章 なぜ、物流戦略なのか?
第1章 アマゾンの物流戦略
第2章 ニトリの物流戦略
第3章 アイリスオーヤマの物流戦略
第4章 ZARAの物流戦略
第5章 DHLの物流戦略
第6章 オムニチャネルと物流戦略
終章 物流戦略の4C

著者等紹介

角井亮一[カクイリョウイチ]
1968年大阪生まれ。株式会社イー・ロジット代表取締役兼チーフコンサルタント。上智大学経済学部を3年で単位修了。米ゴールデンゲート大学でMBA取得。船井総合研究所、不動産会社を経て、家業の物流会社、光輝物流に入社。2000年、株式会社イー・ロジットを設立し、現職。現在、同社は270社以上から通販物流を受託する国内ナンバーワンの通販専門物流代行会社であり、200社の会員企業を中心として物流人材教育研修“イー・ロジットクラブ”運営や物流コンサルティングを行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ねこ

60
物販企業は必ずロジスティックは必要です。ここに登場する企業はそれぞれの明確な戦略と即実行するトップの判断があり、その詳細が解説されています。しかし、私は巨額の投資で既存のインフラを破壊と創造で伸びて行くこの新しい物流に対して既存の古い日本型企業、並びに変化を恐れる中小企業の競争力が下がり衰退して行く未来が見えます。資本主義である以上仕方がないですが悲しく思います。本書の発行が2018年8月で現在2022年2月で3年半経過した現在は更に進んでいるでしょう。個人消費に対しては便利になり続けていく事は嬉しいな。2022/02/13

ホークス

35
仕事の本。発展する為には改革し続けるしか無い。本当の競争は、どれだけ改革に直向きかという事だ。多くの企業や自治体は努力を口にしながら、実際は内向き、自己満足、成り行き任せで、ツケはお客が払う。この負担に向き合う誠実さには金儲け以上の価値がある。物流戦略は二つで、一つはハード面の矛盾を発想力で何とかする事。もう一つはサプライチェーン改革で、儲かる流れ作りに開発も営業も生産も組み込んでしまう事だ。しかしアマゾン等の人力で自宅に届けさせるサービスは、日本の衰退に従って金持ち用になるのが道理と思えてならない。2018/08/28

James Hayashi

28
イーロジット代表取締役兼チーフコンサルタント、18年著。幾つかの企業の物流戦略を解説。Amazon、ニトリ、アイリスオーヤマ、ZARA、DHL。コスト削減はもちろんだが、顧客の要望を見極め、製造につなげ、いかに早く顧客へ届けるか。圧倒的な在庫を誇るAmazonのような企業もあれば、ニトリは在庫回転数でスピーディ。成功している企業のノウハウを知る。最新の物流センターは通路も無くし、上部からロボットにて集荷は見事(ニトリ)。Amazon Goも初期費用は意外と低いらしく人件費が浮く分すぐ回収できるのだろう。2019/09/03

mazda

26
今や物流語らずして、商売は語れません。アマゾンはもちろんですが、ニトリ、アイリスオオヤマ、ZARAなど、一見物流とは関係なさそうな会社も、物流に大きなコストをかけています。ニトリは、倉庫に人が全くいない完全オートメーション化をしているし、アイリスオオヤマは自らが問屋システムを持つことに力を入れているし、ZARAは出荷指示から48時間以内に商品を届けることを達成しています。最近のアメリカ人は、シリアルを作ることすら面倒なんだとか。皿を洗うことすら面倒だと感じている消費者がいれば、商売になると思いませんか?2019/05/07

tolucky1962

9
通販以降物流が企業経営の重要な位置づけに。本書はアマゾン、ニトリ、アイリスオーヤマ、ZARA、DHLなど視察調査から具体例を詳しく伝える。通信と物流の融合がイノベーションを起こす。必ず必要なお客様に商品を届ける過程を単なるコストではなく、いかに付加価値をつけるか。商品を知る・調べる・買う・届ける、実店舗・PC・スマホ・TVなど自由に組み合わせるという、6章で示すオムニチャネルの考え方。コンビニ受け取り、宅配ロッカーからドローンまで様々な工夫が試行されている。今後さらに大きく進歩しそうな分野だ。 2018/07/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12930456
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。