遠隔医療が高齢者医療を救う―AIがひらく個別化医療の時代

個数:
電子版価格 ¥1,199
  • 電書あり

遠隔医療が高齢者医療を救う―AIがひらく個別化医療の時代

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月19日 03時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569838038
  • NDC分類 498
  • Cコード C0030

内容説明

病気の早期発見、寝たきり防止の切り札、次世代型医療システムの活用事例と未来予想図。各分野の第一人者との対談も収録。

目次

第1章 なぜ今、遠隔医療が注目されているのか(「時々入院、ほぼ在宅」へ変わる高齢者医療;遠隔医療が在宅医療を支える ほか)
第2章 「まいにち安診ネット」への歩み(「まいにち安診ネット」の始まり;テーラーメイドのバイタル異常検知とは? ほか)
第3章 実用化されているテレケア「まいにち安診ネット」(居室を病室に;市販化バージョンの仕組み ほか)
第4章 人工知能の医療活用と情報イノベーション(情報イノベーション;医療情報「PHR」とは? ほか)
第5章 個別化医療の幕開け(個別化医療の世界とは?;高齢者医療に有効な個別化医療 ほか)

著者紹介

前田俊輔[マエタシュンスケ]
1968年、福岡県福岡市生まれ。大学卒業後、大手ゼネコンに就職。その後福岡に戻り芙蓉ホーム株式会社(現・芙蓉ディベロップメント)を創業。代表を務める傍ら、自宅やモデルハウスをはじめ自ら設計を行う。2007年より病院経営にも携わり、2009年には筑紫南ヶ丘病院創業者だった父・前田俊英の死去に伴い代表に就任。2008年に遠隔健康管理システム「まいにち安診ネット」を開発し、2012年に福岡初となる重度要介護者専用の老人ホームを開設して導入(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

施設や在宅高齢者の血圧や脈拍データを毎日医師に送信、異常を早期に発見する遠隔医療システムが実用化されている。その全貌を紹介。

前田俊輔[マエダシュンスケ]
医療法人芙蓉会代表・理事