京都しあわせ倶楽部<br> 京料理の品格―浜作主人が語る

個数:

京都しあわせ倶楽部
京料理の品格―浜作主人が語る

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年07月21日 07時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 229p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569833873
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0026

内容説明

排他性や取っ付きの悪さこそが、長年育んできた京都の良さである。それぞれの本分を守り、狭い町の中で棲み分ける秩序と節度が、京都人の知恵なのである。日本最初の板前割烹主人による辛口京都論。

目次

第1章 京都のほんとうの「老舗」
第2章 京都で「和食」が磨き上げられた理由
第3章 浜作三代、料理人としての「矜持」
第4章 「京都流」への回帰
第5章 ほんとうに美味しいお店の探し方
巻末付録 MAP&紹介店舗リスト

著者等紹介

森川裕之[モリカワヒロユキ]
1962年生まれ。京都・祇園の板前割烹「京ぎをん 浜作」の三代目主人。「浜作」は日本最初の板前割烹店で、料亭が主流だった1927年に祖父・森川栄が創業した。美術や音楽をこよなく愛し、「古都の味 日本の味 浜作」と川端康成を嘆息させた店の味を守り、一期一会の精神で日々板場に立っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

我が愛する京都の料理界がおかしくなってきた――そんな危惧を抱く「浜作」主人が本音で語る、本当の「老舗」「京料理」「料理人」とは?

森川裕之[モリカワヒロユキ]
三代浜作主人

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件