アメリカを見れば世界がわかる

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

アメリカを見れば世界がわかる

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 【出荷予定日とご注意事項】
    ※上記を必ずご確認ください


    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 247p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569831336
  • NDC分類 302.53

内容説明

大統領選挙で、日本はどう変わる?超大国アメリカが抱える問題、世界に及ぼす影響について徹底解説!

目次

第1章 日本から見たアメリカ、アメリカから見た日本(周到に準備し、実現したオバマ大統領の広島訪問;「鬼畜米英」から「同盟国」「憧れ」「お手本」に ほか)
第2章 世界最大の産油国、アメリカ(世界の原油価格を左右するテキサスへ;初めて石油を採掘したのはアメリカだった ほか)
第3章 銃を持つ国、アメリカ(アメリカの魂、アラモの砦へ;乱射事件が多発。2012年には90人が犠牲になった ほか)
第4章 移民の国、アメリカ(メキシコから国境を越えてショッピング;リオ・グランデ川、国境危機の現場へ ほか)
第5章 2016年大統領選のゆくえ(誰も予測できなかったトランプ旋風;テレビ局もトランプ旋風の共犯者 ほか)

著者紹介

池上彰[イケガミアキラ]
ジャーナリスト、名城大学教授、東京工業大学特命教授。1950年、長野県生まれ。慶應義塾大学卒業後、73年NHK入局。報道記者として、松江放送局、呉通信部を経て東京の報道局社会部へ。94年より11年間、『週刊こどもニュース』でお父さん役を務め、わかりやすい解説が話題に。2005年にNHKを退職し、フリーのジャーナリストとして活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

大統領選挙、日米関係、移民、銃問題などアメリカを現地取材。大統領選挙で、日本はどう変わる? アメリカを知れば世界が見えてくる!

池上彰[イケガミアキラ]
ジャーナリスト、名城大学教授、東京工業大学特命教授

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件