次の「震度7」はどこか!―熊本地震の真相は「熱移送」

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

次の「震度7」はどこか!―熊本地震の真相は「熱移送」

  • ウェブストアに86冊在庫がございます。(2016年12月04日 23時43分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 227p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569831329
  • NDC分類 453.3

内容説明

プレート・テクトニクス理論を本気で「信仰」しているのは日本人だけ。活断層が動いて直下型地震が起きると思っているのも日本人だけ。地震予知の重大なカギは、「マグマ」にある。地震・火山大国・日本が真に研究すべきは熱移送説。今こそ日本人が知るべき「熱移送説」を、対話形式で平易に解説。

目次

第1章 平成28年熊本地震の真実(熊本地震は本当に「前例のない地震」だったのか;活断層は大地の古傷にすぎない ほか)
第2章 熱移送説とは何か(熱移送説で予言していた四川大地震;深い「根」を持つプレートが動けたか? ほか)
第3章 次の震度7の危険地帯はどこだ(伊豆諸島の熱流と関東地方の「地震の癖」;富士山の噴火は起こらないのか? ほか)
第4章 首都圏直下型地震にどのように備えるか(地震予知体制の抜本的見直しが急務;地震の癖と同時に「揺れ癖」も把握する ほか)

著者紹介

角田史雄[ツノダフミオ]
1942年群馬県生まれ。1973年に理学博士号取得。1982年埼玉大学教養部教授、1995年埼玉大学工学部教授、2006年埼玉大学理工学研究科教授、2008年埼玉大学名誉教授。埼玉県大規模地震被害想定委員、埼玉県環境科学国際センター研究審査委員などを歴任

藤和彦[フジカズヒコ]
1960年愛知県生まれ。1984年通商産業省(現・経済産業省)入省後、エネルギー及び産業技術政策などの分野に携わる。2003年に内閣官房に出向(内閣情報調査室内閣参事官等)、2011年に公益財団法人世界平和研究所に出向(主任研究員)、2016年4月から独立行政法人経済産業研究所上席研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

熊本地震はなぜ想定外の事態が続くのか。それは、プレート理論では地震予知はできないからである。地震の新常識を大胆に開陳。

角田史雄[ツノダフミオ]
埼玉大学名誉教授

藤和彦[フジカズヒコ]
聞き手