宇宙大発見―天文学46の大事件

個数:
  • ポイントキャンペーン

宇宙大発見―天文学46の大事件

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月07日 17時47分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A4判/ページ数 95p/高さ 29cm
  • 商品コード 9784569830995
  • NDC分類 440.2

内容説明

古代エジプトでの暦の誕生から、2016年重力波初検出まで。天文学4000年の歴史がこれ一冊でわかる。

目次

紀元前2900年頃―エジプトでシリウス暦が作られる
紀元前6世紀―ピタゴラスらが「地球」説を唱える
紀元前3世紀―アリスタルコスが月と太陽の大きさを測る
紀元前2世紀―ヒッパルコスが春分点の移動に気づく
2世紀―プトレマイオスが天動説を完成させる
1530年頃―コペルニクスが地動説を発表する
1610年―ガリレオが木星の4衛星を発見し、地動説を信じる
1609年1619年―ケプラーが惑星の運動法則を発見する
1687年―ニュートンが近代的な宇宙観を発表する
1705年―ハレーが巨大彗星の回帰を予言する〔ほか〕

著者紹介

二間瀬敏史[フタマセトシフミ]
1953年北海道生まれ。京都大学理学部卒業。ウェールズ大学カーディフ校博士課程修了。東北大学大学院理学研究科天文学専攻、教授を経て、京都産業大学理学部宇宙物理・気象学科教授。一般相対性理論、宇宙論の理論的研究が専門

中村俊宏[ナカムラトシヒロ]
1969年生まれ、埼玉県出身。化学メーカー勤務、編集プロダクション勤務を経てフリーランスに。書籍の編集・執筆を行う。自然科学系のテーマを一般向けにやさしく紹介する本を多く手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

天動説、インフレーション理論、重力波の発見……宇宙の成り立ちから現在までを天文学史上の発見から紐解いていく一冊。

二間瀬敏史[フタマセトシフミ]
宇宙物理学者、東北大学教授

中村俊宏[ナカムラトシヒロ]