PHP新書<br> iPS細胞が医療をここまで変える―実用化への熾烈な世界競争

個数:
  • ポイントキャンペーン

PHP新書
iPS細胞が医療をここまで変える―実用化への熾烈な世界競争

  • ウェブストアに86冊在庫がございます。(2016年12月05日 09時52分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 236p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569830957
  • NDC分類 463

内容説明

山中伸弥教授がマウスiPS細胞の作製成功を発表したのは2006年のことだったが、それからiPS細胞を用いた再生医療や創薬研究は、加速度的に進んでいる。これまでは日本がリードしてきたが、しかし世界各国の追い上げも急だ。本書では、実際に各国でiPS細胞関連の研究をしている著名な研究者を訪ね、ルポルタージュ形式で研究最前線をレポート。また、代表的な疾患について、iPS細胞を用いた最先端研究の進捗状況を紹介し、iPS医療実現への道のりを探る。世界的な大競争の中、日本はリードを守れるのか?“夢の医療”の実現への希望と課題を浮かび上がらせる。

目次

序章 iPS細胞とはどのようなものか―研究ことはじめ、そして広がる可能性(そもそもiPS細胞とは何か;iPS細胞の可能性と課題)
第1章 iPS細胞研究最前線―CiRAでどのような研究がなされているのか?(京都大学iPS細胞研究所(CiRA)とはどのようなところか
多様なサポートで研究の進展をめざす)
第2章 熾烈さを増す世界的な研究競争―アメリカ編(まだ治療法のない主要疾患を克服する―グラッドストーン研究所;西海岸の「頭脳の聖地」―スタンフォード大学;州立の研究資金の砦―カリフォルニア再生医療機構(CIRM)
研究に大きな影響力を持つNPO―ニューヨーク幹細胞財団(NYSCF)
トップレベルのイノベーター―ハーバード幹細胞研究所)
第3章 熾烈さを増す世界的な研究競争―ヨーロッパ・アジア編(ノーベル賞の国の世界屈指の研究機関―カロリンスカ研究所;幹細胞分野でのサイエンス・コミュニケーションの先端―ユーロ・ステム・セル;科学分野でも有能な人材を集める―シンガポール科学技術研究庁(A*STAR)
産婦人科医院から始まった研究センター―韓国・CHAヘルスシステムズ
「iPS細胞戦国時代」に日本はいかにリードを保つか)
第4章 iPS細胞での治療が期待される主要疾患―再生医療と創薬研究(現在、疾患ごとにどのような研究が進んでいるのか;目の病気について;神経の病気について;筋肉や骨・軟骨の病気について;内臓の病気について;その他の病気について)

著者紹介

山中伸弥[ヤマナカシンヤ]
1962年大阪府生まれ。1987年神戸大学医学部卒業後、1993年に大阪市立大学大学院医学研究科博士課程修了。米国グラッドストーン研究所博士研究員、奈良先端科学技術大学院大学教授等を経て、2004年京都大学再生医科学研究所教授。2010年4月から同学iPS細胞研究所所長・教授。iPS細胞作製の成功により、2012年ノーベル生理学・医学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

iPS細胞による再生医療や新薬の実用化に向け加熱する世界の開発競争を、京大iPS細胞研究所が詳報。課題と夢の未来像が明らかになる!

山中伸弥[ヤマナカシンヤ]
京都大学iPS細胞研究所所長

京都大学iPS細胞研究所[キョウトダイガクアイピーエスサイボウケンキュウジョ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件