PHP新書<br> 現代建築のトリセツ―摩天楼世界一競争から新国立競技場問題まで

個数:
電子版価格 ¥730
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

PHP新書
現代建築のトリセツ―摩天楼世界一競争から新国立競技場問題まで

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2016年12月03日 05時12分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 263p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569830421
  • NDC分類 523.06

内容説明

ザハ・ハディド、キール・アーチ、デザインビルド…新・国立競技場をめぐる議論で飛び交った「現代建築」の固有名詞や専門用語。これだけ世間の関心を集めたのに、その歩みや作品の価値については知らないことばかり。そもそも現代建築の「現代」っていつから?モダニズムとポスト・モダニズムはどこが違う?超高層ビルは国家の象徴だけど、ショッピングモールはただの金儲けの手段?日本の現代建築の名作は、寿命わずか30年?丹下健三、磯崎新、安藤忠雄ら日本の建築家たちはなぜ世界から尊敬されるのか?本書を読めば、今日からあなたは現代建築ニュースの解説者に!

目次

基礎編―手ほどき現代建築(モダニズムってなんだろう;解題ポスト・モダン―「東京都庁舎」;「現代建築」の現在、二十一世紀を生き抜けるか;現代建築に功徳はあるか)
臨床編 現代建築は役に立つ(一番でないとだめ!―漂流する摩天楼 「国際経済」を知る;小よく大を制す?―都市伝説「住吉の長屋」 「現代美」を知る;開き直りコモディティ―モールの挑戦 「消費社会」を知る;グローバル化のなかのアイデンティティ―風土への覚醒 「地勢」を知る;景観創造のチップス―建築家の手を縛る 「景観問題」を知る;MOTTAINAI―壊してつくるだけが能じゃない;国家損失プライスレス―新国立競技場の顛末)

著者紹介

松葉一清[マツバカズキヨ]
建築評論家/武蔵野美術大学教授。1953年、神戸市生まれ。京都大学工学部建築学科卒。朝日新聞特別編集委員などを経て、2008年から現職。専門は、近代建築・都市史、現代建築評論。近代史の視点に基づき、21世紀の都市と建築のあるべき姿を探究している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

政治も経済も文化も、建築にはその時代の価値観がすべて反映される。街の見え方が変わり、社会の仕組みが見える現代建築ガイドの決定版!

松葉一清[マツバカズキヨ]
建築評論家

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件