幹細胞療法でがんが消えた

個数:
電子版価格 ¥1,199
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

幹細胞療法でがんが消えた

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 04時53分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569830285
  • NDC分類 494.5

内容説明

余命宣告には負けたくない!三大標準治療の限界を乗り越え、最後まで人間らしく生きるために。

目次

第1章 もう怖がらない―がんと勇敢に向き合った人たちのエピソード
第2章 がんって何者!?―三大標準治療だけではなぜ限界なのか
第3章 自然治癒力を高める幹細胞療法―がん克服の決め手がはっきりと見えてきた
第4章 遺伝子治療の可能性―がん治療のもう一つの決め手
第5章 がんを治す、がんにならない暮らし方―健康なうちから気をつけるべきこと
第6章 命についてもう一度考えよう―私たちはがんとどう向き合うべきか

著者紹介

横山博美[ヨコヤマヒロミ]
1949年新渇県生まれ。医療法人社団医新会理事長、日本再生医療学会再生医療認定医。曾祖父は漢方医の松澤宗閑。弘前大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院泌尿器科助手、都立墨東病院泌尿器科主事を経て、30歳で板橋区大山に透析クリニックを開業。板橋区医師会公衆衛生担当理事、板橋区医師会病院担当理事、附属看護学校講師を歴任。その後、神田医新クリニック、埼玉県秩父郡長瀞町に縄文の里長瀞倶楽部(介護老人保健施設)、長瀞医新クリニックを展開し、67歳となる現在も医療の最前線に立ちつづける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

著名人の相次ぐ死を前に、がんと闘える新しい治療法が日本の技術で開発されようとしている。幹細胞治療とは何か? 症例を交えて解説。

【著者紹介】
HASH(0x3d05418)