ボカロは衰退しました?

個数:
電子版価格 ¥1,000
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ボカロは衰退しました?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月07日 06時55分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569830261
  • NDC分類 913.6

内容説明

「ボカロを探して2000年」女子高生ゆあの前に妙な男が机の引き出しから現れた!「底辺Pのぼくが文豪になるまで」ボカロPのはしくれの僕、突然ボカロ小説を出すことになりました。「ボカロは衰退しました。」場末のスナックに懐かしいあの娘がいました―。「オワコン先輩」細くて狭い通りで偶然、先輩に会いましたが…。ボカロ愛に満ちあふれた作家・石沢克宜が紡ぐ渾身の4編!!

著者紹介

石沢克宜[イシザワカツヨシ]
脚本家。ライター業や映像制作などを経て、現在は舞台の脚本、小説の執筆を中心に活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

『ココロ』『秘密警察』『東京電脳探偵団』多くのボカロ小説を手掛けた石沢克宜の「ボカロ」をモチーフにした3編の小説集。衰退とは?

【著者紹介】
作家