PHP新書<br> 乃木希典と日露戦争の真実―司馬遼太郎の誤りを正す

個数:
電子版価格 ¥749
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

PHP新書
乃木希典と日露戦争の真実―司馬遼太郎の誤りを正す

  • ウェブストアに37冊在庫がございます。(2016年12月11日 13時11分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 357p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569830148
  • NDC分類 289.1

内容説明

陸軍士官学校、中野学校で学んだ著者が、実戦経験と精緻な戦史分析に基づいて西南戦争から二〇三高地、奉天会戦まで、真実を究明した伝説の名著、遂に復刊!

目次

第1章 若き乃木希典―生誕から西南戦争まで
第2章 欧州留学と日清戦争
第3章 台湾総督、そして那須野ヶ原での閑居
第4章 旅順要塞を攻略せよ
第5章 黒溝台会戦と奉天会戦
第6章 日露戦争の終結とその後の乃木希典
第7章 伊地知幸介論
第8章 乃木庸将説を糾明する

著者紹介

桑原嶽[クワハラタケシ]
大正8年、大分県に生れる。昭和14年、陸軍士官学校(52期)卒。出征、砲兵小・中隊長として中支・北支に転戦。昭和18年、中野学校学生。昭和19年、南方軍遊撃隊司令部付(ビルマ・光機関)。昭和20年、インド国民軍第二師団連絡将校(イラワジ会戦)、第二十八軍渡河作業隊長(シッタン作戦)。昭和21年、復員、陸軍少佐。昭和26年、警察予備隊(陸上自衛隊)入隊。昭和28年、米国留学。学校教官、司令部幕僚、各級部隊長等を歴任し、昭和47年に退官、陸将補。昭和57年から平成4年まで中央乃木会事務局長、また昭和57年から中央乃木会理事を務める。平成16年、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

司馬遼太郎が作り上げた「いくさ下手」「愚将」という乃木像は大間違いだった! 日露戦争などを詳細に分析し、真実を明らかにした名著。

桑原嶽[クワハラタケシ]
陸軍士官学校52期、元自衛隊陸将補