PHP新書<br> なぜ疑似科学が社会を動かすのか―ヒトはあやしげな理論に騙されたがる

個数:
電子版価格 ¥730
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

PHP新書
なぜ疑似科学が社会を動かすのか―ヒトはあやしげな理論に騙されたがる

  • ウェブストアに58冊在庫がございます。(2016年12月06日 14時44分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 270p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569829951
  • NDC分類 404

内容説明

企業における人事採用の際に、「性格診断」が使われることがある。しかし、非常に複雑な存在であるヒトの性格を、質問に答えてもらうだけで診断するのはかなり困難である。世間に流行している心理テストもほとんど疑似科学の疑いが強い。一方、巨大市場を形成しているサプリメントも注意が必要で、その効果をうたう主張のほとんどは疑似科学といえる。なぜこのようにあやしげな理論が蔓延しているのか?共同研究者とともに「疑似科学とされるものの科学性評定サイト」を立ち上げた、疑似科学研究の第一人者が、進化生物学の視点から人間の心理の本質に迫る。

目次

人間は生まれながらの疑似科学信奉者
第1部 個人的体験の落とし穴―疑似科学のはじまり
第2部 体験を知識に格上げする―いかにして科学となるか
第3部 知識を社会で共有する―科学を使う
第4部 蔓延する疑似科学―誤解をただす
疑似科学を見分ける

著者紹介

石川幹人[イシカワマサト]
1959年東京生まれ。東京工業大学理学部応用物理学科卒。同大学院物理情報工学専攻、一般企業での人工知能研究プロジェクト、政府系シンクタンクなどを経て、97年より明治大学文学部助教授。2004年より明治大学情報コミュニケーション学部教授。博士(工学)。専門は認知情報論および科学基礎論。ASIOS(超常現象の懐疑的調査の会)発起人メンバー。14年、共同研究者とともに、「疑似科学とされるものの科学性評定サイト」を立ち上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

企業の採用で使われる性格診断、放射能除染ができると信じられたEM菌……なぜあやしい科学が社会を動かす? 進化生物学で考える。

【著者紹介】
明治大学情報コミュニケーション学部教授

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件