救急医 驚異の判断力―そのとき、医者、患者、家族は何を決断するのか

個数:
電子版価格 ¥1,199
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

救急医 驚異の判断力―そのとき、医者、患者、家族は何を決断するのか

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月06日 17時43分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569829906
  • NDC分類 492.29

内容説明

1分1秒を争う過酷な状況で求められる思考と行動とは?附属池田小事件、福知山線脱線事故、毒入り餃子事件、そして東日本大震災。多くの命を救ってきた救急医が語る。

目次

第1章 患者からしか学べない(今の私を支えているひとつの体験;何もわからなくてもベッドサイドに立つこと ほか)
第2章 救急医になるのはこんな人(指を失っても治療を続けた祖父;「医者」でなければ「舞妓さん」 ほか)
第3章 あの事件の裏側で(附属池田小事件;医者にとっても特別な「子どもの命」 ほか)
第4章 救急医の判断力を支えるもの(「無理」はプロ失格;「判断しない」ために準備する ほか)
第5章 救急医の死生観(「もう助けられない」のなら;「延命する」も「延命しない」もどちらも正しい判断 ほか)

著者紹介

角由佳[スミユカ]
順天堂大学医学部附属浦安病院救急診療科先任准教授。日本救急医学会専門医・指導医。医学博士。大阪府生まれ。京都府立医科大学卒。大阪大学医学部附属病院特殊救急部(現大阪大学医学部附属高度救命救急センター)、大阪府立急性期・総合医療センターでの勤務、米国留学などを経て、現職。附属池田小事件、福知山線脱線事故、毒入り餃子事件など、数多くの事件・事故に救急医として携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

池田小事件、福知山線脱線事故、毒入り餃子事件、そして東日本大震災……。数々の現場を経験した救急医が語る「究極の判断力」とは?

【著者紹介】
順天堂大学医学部附属浦安病院救急診療科准教授