PHP新書<br> 古代史の謎は「鉄」で解ける―前方後円墳や「倭国大乱」の実像

個数:
電子版価格 ¥730
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

PHP新書
古代史の謎は「鉄」で解ける―前方後円墳や「倭国大乱」の実像

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 22時49分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 228p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569827285
  • NDC分類 210.3

内容説明

船をつくるための鉄斧や武器となる刀の材料になるなど、鉄は古来きわめて重要な資源であった。紀元前から倭人は鉄を朝鮮半島から輸入していたが、1~2世紀に、『後漢書』などが伝える「倭国大乱」が起こる。著者はこれを、高句麗の南下によって起こった「鉄の爆発」を伴う社会変革だと考える。それ以降、日本に遊牧民の文化である「光る塚」がつくられ、「鉄の集落」が全国で形成された。やがて前方後円墳が大量に築造されるが、あの不思議な形状は鉄の交易に関わる秀逸なアイデアの賜であった―。船と港の専門家が、鉄の交易に着目し日本の原像を探る。

目次

第1章 鉄を運ぶために生まれてきた海洋民族「倭人」
第2章 「倭国大乱」前夜の日本海沿岸「鉄の路」
第3章 高句麗の南下によって生まれた「倭国大乱」
第4章 「倭国大乱」の実像と発掘された「鉄の路」
第5章 「倭の五王」時代の鉄取引
第6章 高句麗と倭国・大和の戦い―負けるが勝ち
第7章 解けた前方後円墳の謎―古墳は鉄の公設市場
第8章 「現場の常識」で歴史を見直そう

著者紹介

長野正孝[ナガノマサタカ]
1945年生まれ。1968年名古屋大学工学部卒業。工学博士。元国土交通省港湾技術研究所部長、元武蔵工業大学客員教授。現在、水辺観光・津波防災アドバイザー、NPO法人「水の旅人」主唱。公務員時代は広島港、鹿島港や「第二パナマ運河」などの計画・建造に従事。ライフワークは海洋史、土木史研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

古代の鉄の路を辿り、「ヤマト王朝は鉄の力で誕生」、「前方後円墳は鉄の交易市場」と看破。日本の「形」を決めたのは鉄資源だ。

【著者紹介】
元国土交通省港湾技術研究所部長

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件