PHP新書<br> 護憲派メディアの何が気持ち悪いのか

個数:
電子版価格 ¥730
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

PHP新書
護憲派メディアの何が気持ち悪いのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月07日 03時02分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 197p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569827247
  • NDC分類 070.14

内容説明

「戦争法案」と煽ったマスコミ・知識人に平和を語る資格はない!「批判ありき」の偏向報道の実態を気鋭の評論家が冷徹に読み解く。

目次

序章 新聞、テレビこそが国益を損ねている
第1章 護憲派メディアが奏でる反軍平和主義
第2章 朝日も毎日も「アベノミクス解散」を誹謗した
第3章 テロが起きても喧嘩両成敗する不見識
第4章 マスコミは「イスラム国」の宣伝機関なのか
第5章 間違いだらけの「文官統制廃止」批判
第6章 自衛官にこそノーベル平和賞を
第7章 番犬虚に吠えた「安保法制」報道
終章 護憲派メディアという「反知性主義」

著者紹介

潮匡人[ウシオマサト]
1960年青森県生まれ。早稲田大学法学部卒。旧防衛庁(現防衛省)・航空自衛隊に入隊。航空教育隊区隊長、第8航空団第304飛行隊付幹部、大学院研修(早稲田大学大学院法学研究科博士前期課程修了)、航空総隊司令部幕僚、長官官房広報課(対外広報)勤務等を経て3等空佐で退官。聖学院大学政治経済学部専任講師、防衛庁広報誌編集長、帝京大学人間文化学科准教授等を歴任。拓殖大学(日本文化研究所)客員教授。公益財団法人「国家基本問題研究所」客員研究員。NPO法人「岡崎研究所」特別研究員。「民間憲法臨調」代表委員。東海大学海洋学部非常勤講師(「海洋安全保障論」)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

安倍政権をバッシングし続けるメディア。しかし安保法制を戦争法案だというメディアこそが戦争を招くのだ。左派メディアの欺瞞を暴く。

【著者紹介】
評論家