ビジネス教養としての宗教学―新版・世界四大宗教の経済学

電子版価格 ¥1,199
  • 電書あり

ビジネス教養としての宗教学―新版・世界四大宗教の経済学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569826905
  • NDC分類 160
  • Cコード C0034

内容説明

宗教がわかると、経済の裏側が見えてくる!世界の4大宗教はお金をどうとらえ、経済とどう関わっているのか?モヤモヤした疑問がすっきり晴れる、いま最もわかりやすい解説書。

目次

第1章 ユダヤ教とお金(お金のリアリズム;聖書の神が決めた罰金と刑罰 ほか)
第2章 キリスト教とお金(お金と偶像神の古い関係;マネーを神とするな ほか)
第3章 イスラム教とお金(副次的経済行為としての掠奪;アラブ人とイスラム教 ほか)
第4章 仏教、その他の宗教とお金(金銀に触れてはならない;インド的禁欲の源泉 ほか)

著者紹介

白取春彦[シラトリハルヒコ]
1954年、青森県生まれ。獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒業。ベルリン自由大学で哲学・宗教・文学を学ぶ。哲学と宗教に関する解説、論評の明快さには定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

世界四大宗教と言われるユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教はお金をどうとらえ、経済とどう関わりがあるのか、わかりやすく解説。

【著者紹介】
作家、翻訳家