常識として知っておきたい正しい日本語の練習

電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

常識として知っておきたい正しい日本語の練習

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569826707
  • NDC分類 810.4
  • Cコード C0081

内容説明

うっかり間違えやすい日本語の本来の意味と使い方がスッキリわかる。

目次

1章 知っておきたい!正しい意味(「返り討ち」、勝ち負けのゆくえは?;「餅は餅屋」、粘りが肝心? ほか)
2章 知っておきたい!正しい漢字(優勝の芽?優勝の目?;耳障り?耳触り? ほか)
3章 知っておきたい!正しい言い回し(おごるのは舌?口?;古式は豊かに?ゆかしく? ほか)
4章 知っておきたい!正しい慣用句(情けは誰のためならず?;悲喜こもごもの状況は? ほか)
5章 知っておきたい!正しい使い分け(浮足立つ?浮き立つ?;目配せする?目配りする? ほか)

著者紹介

前田安正[マエダヤスマサ]
朝日新聞編集担当補佐兼経営企画担当補佐。1955年、福岡県生まれ。早稲田大学卒業。1982年、朝日新聞社入社。校閲部、整理部、校閲部次長、名古屋編集センター長補佐、大阪本社校閲センター長、用語幹事、東京校閲センター長を経て現職。朝日カルチャーセンター立川教室などで文章講座「声に出して書くエッセイ」、企業の広報研修などに出講している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

三十路も半ば、小春日和、すべからく……。うっかり間違えやすい日本語の意味と使い方を、朝日新聞社の校閲のプロがスッキリ解説。

【著者紹介】
朝日新聞編集担当補佐兼経営企画担当補佐