「大噴火の恐怖」がよくわかる本―危ない火山がこんなにいっぱい

電子版価格 ¥749
  • 電書あり

「大噴火の恐怖」がよくわかる本―危ない火山がこんなにいっぱい

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 189p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569826684
  • NDC分類 453.8
  • Cコード C0044

内容説明

各地で頻発する火山噴火。想像を絶する“破局的危機”とは。

目次

第1章 火山のしくみ(通常の噴火と破局噴火は何が違うのか?;火山はなぜできるのか ほか)
第2章 巨大カルデラ破局噴火(カルデラ破局噴火が起きるしくみ;カルデラにも様々な種類がある ほか)
第3章 人類の歴史を変えた火山噴火(古代クレタ文明を崩壊させたサントリーニ島の大噴火(紀元前1630年ごろ)
ポンペイを一瞬で埋めつくしたヴェスヴィオ山の噴火(79年) ほか)
第4章 富士山大噴火(富士山は“4階建て”ってどういう意味?;富士五湖は平安時代の貞観大噴火で生まれた ほか)
第5章 警戒すべき日本と世界の活火山と素朴な疑問(火山噴火予知連絡会って何をするの?;噴火予知の技術と現状はどうなっているの? ほか)

著者等紹介

高橋正樹[タカハシマサキ]
1950年生まれ。東京大学理学部地質鉱物学科卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程(地質学)修了。理学博士。茨城大学理学部教授を経て、日本大学文理学部教授。専門は火山地質学、岩石学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

もし、どこかで破局噴火が起きたら、地球上の生命は死に絶える!? 火山噴火が続く今だから読みたい驚くべき火山の真実をやさしく解説!

【著者紹介】
日本大学教授