少年皇族の見た戦争―宮家に生まれ一市民として生きた我が生涯

電子版価格
¥2,200
  • 電書あり

少年皇族の見た戦争―宮家に生まれ一市民として生きた我が生涯

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 343p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569824284
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0030

出版社内容情報

皇族として生まれて海軍兵学校に学び、戦後、一企業人を経て、伊勢神宮宮司を務めた著者が、皇族、戦争、日本のことを綴る珠玉の書。

【著者紹介】
元皇族、元伊勢神宮宮司

内容説明

皇族として海軍兵学校に学び、ビジネスマンとして戦後を生き、そして伊勢の神宮大宮司を務めて―激動の日々、そして思いの丈を語り尽くした珠玉の書。

目次

第1章 久邇宮家に生まれて―幼少時代(久邇宮の祖、(中川宮)朝彦親王のこと
幕末の動乱と、孝明天皇の突然の崩御 ほか)
第2章 戦争と皇族―私の海軍生活(皇族の男子は軍人にならねばならなかった;戦争反対に努力された皇族たち ほか)
第3章 戦い終って―靖国神社と皇籍離脱(旧制高校から新制学習院大学へ;反感を持たれたショック ほか)
第4章 私の会社員生活―海外駐在の思い出(海運会社に進む;算盤を弾いて給料をもらう楽しさ ほか)
第5章 伊勢の神宮―大宮司として触れた神道の心(青天の霹靂に驚いたが;大祭で祝詞をあげて ほか)

著者等紹介

久邇邦昭[クニクニアキ]
昭和4年(1929)、東京府東京市生まれ。昭和10年(1935)4月、学習院初等科に入学。昭和20年(1945)4月、海軍兵学校(77期)へ入校し、終戦を迎える。昭和22年(1947)10月、皇籍離脱。昭和27年(1952)3月、学習院大学文政学部政治学科卒業後、飯野海運に入社。昭和39年(1964)、川崎汽船に移籍。太洋州総支配人、取締役欧州アフリカ総支配人などを歴任後、川崎航空サービス代表取締役に就任。平成2年(1990)より神宮大宮司を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件