PHP新書<br> 日本の医療 この人を見よ―「海堂ラボ」〈vol.1〉

個数:
電子版価格 ¥650
  • 電書あり

PHP新書
日本の医療 この人を見よ―「海堂ラボ」〈vol.1〉

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 251p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569799377
  • NDC分類 498.14

内容説明

「動かなければいけないときは動く」の信念で、埼玉県の交通事故死激減の立役者となった救命救急医。自ら開発した器具で三~四分で終わる白内障手術を行う眼科医。相対的倫理より患者の人生を重視する代理出産の旗手‥。日本の医療を動かす人たちをゲストに招いたトーク番組、「海堂ラボ」をついに書籍化。Ai導入を巡る著者と法医学者の論戦、大学病院を黒字にした院長の経験談などさまざまなテーマに目を配り、キャスターを務めた著者が「超絶的な自画自賛」を行う理想的な番組を紙上再現。

目次

人の生命を等しく尊重する社会へ―國松孝次
Aiを活用し死から学び、医療に役立てる―山本正二
紅蓮‐国民に安心を、医療に信頼を―足立信也
“超”一流で日本一―北島康雄
動かなければいけないときは動く―堤晴彦
国民のために、正当な医療を守る―木ノ元直樹
より強く、より優しい治療を目指して―辻井博彦
最高の手術を―赤星隆幸
相対的な倫理よりも、患者の人生―根津八紘
犯罪対策は社会の大きな柱―藤田眞幸
笑顔と思いやりは薬以上に大切なもの―大友仁
慰められるより慰めることに喜びを得る―香山リカ

著者紹介

海堂尊[カイドウタケル]
1961年生まれ。外科医、病理医を経て、現在は独立行政法人放射線医学総合研究所重粒子医科学センター・Ai情報研究推進室室長。第4回「『このミステリーがすごい!』大賞」大賞受賞、『チーム・バチスタの栄光』(宝島社)で2006年デビュー。2008年『死因不明社会』(講談社ブルーバックス)で第3回科学ジャーナリスト賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

配備が進むドクターヘリ、代理出産の成功例を重ねる不妊治療、大学病院を黒字にした男……医療の改革者たちの志に海堂尊が迫る!

【著者紹介】
作家