おしっこちょっぴりもれたろう

個数:
電子版価格 ¥950
  • 電書あり
  • 動画あり

おしっこちょっぴりもれたろう

  • ウェブストアに588冊在庫がございます。(2022年07月05日 19時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 48p/高さ 17X17cm
  • 商品コード 9784569787787
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報



ぼくは、パンツにおしっこがちょっぴりもれちゃうから、いつもお母さんに怒られる。でも、いいじゃないか。ちょっぴりなんだから。

ヨシタケ シンスケ[ヨシタケ シンスケ]
著・文・その他/イラスト


内容説明

ぼく、おしっこちょっぴりもれたろう。おしっこをするまえかしたあとに、ちょっぴりもれちゃうから、いつもお母さんにおこられる。でも、いいじゃないか。ちょっぴりなんだから。

著者等紹介

ヨシタケシンスケ[ヨシタケシンスケ]
1973年、神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。『りんごかもしれない』『もうぬげない』(以上、ブロンズ新社)、『りゆうがあります』『なつみはなんにでもなれる』(以上、PHP研究所)で、MOE絵本屋さん大賞第1位、『りんごかもしれない』で、第61回産経児童出版文化賞美術賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 4件/全4件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

428
ヨシタケ シンスケの最新刊、読みました。老若男女問わず、ちょっぴり漏れている人は多いので、大らかに成長して欲しいと思います(笑)うんこドリルがあれだけ売れているので、本作もベストセラー間違いなしです(^_−)−☆2018/06/05

小梅

374
引っ越して行ってしまった、けっこうもれたろう君が心配です(笑)2018/06/21

zero1

352
悩みは人によって大きく違う。でもほとんどの人たちは何かに悩んでいる。そうした悩みを紹介しつつ、同じ悩みの人を探す主人公の少年。そして、すぐ近くで見つける。【あるある!】という読者の声が聞こえてくる絵本。大丈夫、ほとんどの失敗は誰かがすでに経験済み。失敗を重ねて人は大きくなった。大人たちは経験値が高いだけで失敗を隠す術を知っているだけのこと。じいちゃんのカミングアウトを聞いて真実を知った母親の顔がいい!2020/03/19

ゆのん

326
おしっこがほんのちょっとだけもれちゃう。お母さんに怒られるから乾くまで逃げ出す。外で仲間を探すが皆んなの悩みは別のもの。皆んなの悩みがあるあるで笑えた。2018/06/06

agtk

254
まずタイトルがいい。「そとからみたらわからないけど、みんなそれぞれそのひとにしかわかんない こまったことがあるんだな…」もれたろうがであったこまったことは、どれもあるある。おじいちゃんももれたろう。人間一生もれたろう?2018/06/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12850202

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。